プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

水道料値上げの前提=今後の試算資料公開を

6月議会の一般質問では①水道料金改定問題②安心の医療③学校等のアレルギー対応④防災対策⑤農地の埋立の5題で質問をしました。

1問目、水道料金改定についてです。
土佐市では、33年ぶりとなる水道料金の引き上げのために今年から審議会をつくっています。
私は、この間に市が水道料金の値上げを検討していることを市民に伝えると、「年金など収入が減る中でやめて欲しい」、「国保をあげて水道料もか」と市民からは厳しい反応がでてきました。

審議会では、この間に3回の会合を開き、既に、水道料金を3~6年の間に20%の値上げを繰り返し、23年後には、現在の水道料106.4円/㎥を202円/㎥へと約2倍に引き上げる改定計画を了承しています。答申ではまず来年度から20%を上げることを求め、後は5年ごとに値上げを検討することとしています。

水道会計の収支は、近年減少していますが黒字です。
企業債残高25億円程度あり、かなり高くなっていますが、近年は横ばいに抑えてきました。
資金残高も14億円程度で近年少し上積みしています。
なお、総務省が示す一般財源から水道会計への繰入金はほぼ実施しています。

企業債残高は10年ぐらい前までは、15億円程度を20年ぐらい続けていました。25億円まで引きあがった背景に、統合上水道事業があります。このままでは料金改定が必要になると、2013年に統合上水道事業を中止したことからも明らかです。このことは市長も答弁で認めました。

水道料金の値上げは、事業費を大幅にあげることにあります。過去5年間で平均2億4千万年だったのを毎年4億円台へと事業費を引き上げます。実施する事業は、統合上水道事業(16億円)、貯水池の耐震化(3.1億円)、管路の耐震化(送水管27億円、拠点配水管13億円)と施設の更新です。施設の更新を除くと合計59.3億円の事業です。現在水道料による収入は約3億円少々ですから、2倍程度の値上げが必要になります。

 今回の質問は、事業費増の妥当性、特に統合上水道事業は土佐市独自の事業なのでより必要性が問われるものだとし、事業の必要性を伺いました。
 答弁では、統合上水道事業を実施する場合と、既存の水源池、配水池、水道管などを更新する場合と、比較すると統合上水道事業の方が約5億5千万円安くなることを明らかにしました。

 また、今後の市民的議論のためにも、今後の事業費の試算資料を公開するように求めました。答弁では、情報公開制度を利用してほしいということでしたので、驚きました。

水道料金改定のための条例案は9月議会にでてきそうです。33年間水道料は値上げをしませんでした。また4年前には、値上げを抑えるために、統合上水道事業を中止をしていました。
そういう慎重な対応とくらべると、今回の値上げはあまりにも唐突な対応です。
統合上水道事業で5億円も節約できるなら、その比較検討資料などは少なくとも提示してもらわないといけません。
今後とも、市民に十分な納得が得られる議論が必要です。値上げの是非の議論、今後ともがんばります。

下図は、質問時に使用した企業債残高の推移を示す図面です。点線は、事業費を2億円台から4億円台にすることを前提にした市が推計した企業債残高の推移です。
企業債残高推移1


 以下は、答弁の詳細です。



[続きを読む]

〝まず一律2割値上げ〟 = 水道審議会答申へ

土佐市では、33年ぶりの水道料金の改定を検討するために、今年度から水道事業経営審議会を設置しました。

6月28日に第3回の審議会が行われ、来年度(H30年度)から家庭、営業用などの基本料金と超過料金の一律20%の引き上げを行う答申を出すことを決めました。値上げは、今後も続ける必要があるとし、付帯意見には、5年に1回の見直しを検討するように求めます。

この料金改定は、統合上水道事業や配水池更新、耐震化、管路耐震化事業など20年間で約94億円になる水道施設耐震整備計画を23年間ですすめることが前提になっています。

水道料金の改定案は条例として、9月議会に提出される見込みです。



土佐市医師育成奨学金制度など~6月議会議案

6月議会の議案は人事案2件(うち1件は追加)、条例案3件、予算案2件、諮問1件、報告5件で合計13件でした。主な議案を紹介します。
人事では、新たに教育長に、全総務課長の中内一臣がなりました。任期は3年です。武森正憲氏の任期満了に伴うものです。新たな教育長は、改正された教育委員会制度に従い教育委員長もかねることになります。
固定資産税の評価委審査委員には、弁護士の中内功氏が再任されました。

農業委員会を法律の改正に伴って条例を改正しました。今度の法改正で、これまでの公選されていた委員や議会推薦の委員はなくなり、全て市長が議会の同意を得て任命するものとなります。また農業委員の数を減らします。その分新たに農業委員を補佐する農地利用適正化推進委員を農業委員会が選出します。農家の権利後退は明らかです。
ただ、今回の条例では、①報酬をあげる(1万3千円から2万4千円)②農業委員も現場活動をする③推進委員も農業委員会に招集する(決議権はない)と、法が改正されたなかでも改善の努力がされているので賛成しました。
 以下新農業委員と推進委員の報酬 市資料(県内全てではない)より 
 高知市45,100円40,100円(推進)香南市36,000円 津野町27,000円 南国市25,000円 土佐市24,000円 黒潮町23,400円 香美市23,000円 宿毛市・佐川町22,000円
*高知市以外は農業委員と推進委員は同額。
*推進委員を委員会に招集するのは、室戸市、南国市、土佐市、宿毛市、佐川町、越知町、津野町、黒潮町。任意は高知市、安芸市、香美市、東洋町、大豊町、土佐町

市民病院で特定科に勤務することを勤務することを条件に、奨学金制度ができました。月額25万円、入学資金100万円を無利子が貸与します。ただし臨床医研修が終わり、市民病院の特定科に5年勤務したら返済はしなくてもよくなっています。特定科は、現在、小児科と婦人科等とのこと。詳しくは市HPの例規集で「土佐市医師育成奨学金貸与条例」を参照ください。

*以下は市長による議案説明等・・・
[続きを読む]

土佐市6月議会市長報告 ~今後は財政難に

6月の定例議会が6月6日(火)から20日(火)まで行われましたので報告します。

今議会では、人事案2件、条例案3件、予算案3件、諮問1件、報告5件で計13件が提案され、全て承認されました。

議会からは、3つの意見書案がだされ、「地方財政の充実を求める」意見書は採択されましたが、「核兵器禁止条約に参加を求める意見書」と「35人学級の前進を求める意見書」は否決されました。

一般質問は11名が立ち、私は5問しました。

今回は市長の行政報告についての報告です。
昨年度の各会計の決算見込みの報告がありました。

一般会計では、約500万円の黒字になりますが、前年度より市債を14億円増やし、基金を大きく取り崩します(17億円?)。
今年度の予算でも、基金を取り崩し借金(市債)を増やします。
*土佐市発効 「平成29年度当初予算の概要」では  (億円)

 市債残高 H23:93 H24:97 H25:103 H26:103 H27:105 H28見込:119 H29予算:124
 基金残高(財政調整基金と減債基金+その他目的基金)  H26:29+40 H27:28+42 H28見込:13+40 H29予算:3+34 

 これはいわゆる170億円の大型公共事業が去年度から本格的にはじまったからです。昨年度から、蓮池小学校のプール改築、市営住宅の増改築、複合文化施設、給食センターの移転改築、特老土佐の里の増築などが始まりました。今年度は、これに加えて庁舎の建替えに向けて、庁舎の撤去と仮庁舎づくりがはじまります。
 時期が重なっているのは、これまで先延ばしして重ならざる得なくした問題もありますが、コンパクトシティによる複合文化施設、庁舎耐震化への制度などができ、建設に有利な条件ができたこともあります。今後は、特に発注の仕方、庁舎の分庁化などでコスト削減を求めていきたいと思います。

 他には、複合文化施設の進捗状況、子育て支援センターの状況、連携中枢都市構想について、水道審議会の審議状況、福祉事業団の昨年度の決算報告などがありました。

 **以下は詳しい市長の行政報告



[続きを読む]

06/29のツイートまとめ

murakami1964

いの町大内にある産廃施設を山崎町議と視察。施設の方が親切に案内して説明してくれました。まず土佐市とはもう一つ南に南ノ谷を挟んでいるので直接関係はありません。... https://t.co/pMfKp5i6pV
06-29 23:47






<<Back | BLOG TOP | Next>>




テンプレ作ったやつ→
姫月結城