プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

年少扶養者控除廃止と保育料

4月からはじまる子ども・子育て支援新制度で、これまで年少扶養者控除が加味されなくなることが問題になっているので、土佐市の担当者に聞いてきました。

結論からいえば、加味しないが、土佐市では負担増はない。
新料金体系では月100万から150万程度減収になる。

年少扶養者控除は11年度に廃止されても、扶養者控除があるものとして所得税で保育料を再計算していた。
9月からはじまる新年度の保育料では、加味しない。
在園児だけ下げるのも検討したが、新規入園者からみると不公平になる。

国が示した料金体系をもとに所得割で計算しても負担増にはならない。
逆に減収になるので、一定下がる。  以上です。

国が示して新料金体系は所得税から住民税を基準にしているもので、これまで加味していた年少扶養者控除を廃止することから、一定値上げにならない配慮があります。0~15歳の年少扶養者控除の対象者が2人いる場合で負担増にならないようで、1人なら減。3人以上なら負担増になるそうです。

土佐市では、18歳までに、保育園に2人目の児童が入った場合は半額。3人目は無料です。  

スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/958-671b26af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城