プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

予定通り年金受給期間10年の短縮を

総選挙が終わり、相談への対応で忙しいです。

本日は、年金の「受給期間を10年の短縮を先延ばしにしないでくれ」への要望についてです。

消費税10%への増税を1年半先延ばしにしたことにともなって、同時期に予定していた基礎年金の受給期間10年への短縮も延ばされると政府筋から伝えられているそうです。

無年金者をなくす対策を、弱い者いじめの消費税増税と連動させるのはとんでもないことです。

要望があった方は、船員厚生年金の被保険者でした。船員保険は約20年240か月間必要ですが、彼の場合は214カ月間。年齢は69歳。

高知県は船員関係は、東社会保険事務所で取り扱っています。なんとかならないかと一緒に事務所で聞き取りましたが、親身に相談に応じてくれましたが、足りませんでした。受給期間の短縮しかないのです。
「年齢をかさねるなかで仕事もやりづらくなり年金がないのは厳しい」といいます。

先延ばしはまだ決まっているわけではありません。国民の運動こそ頼りです。予定通りの実施をはからせましょう。

 なお参考のために検討してもらったのは
 ◎任意継続はできないか・・・特例はあるが退職後6カ月以内に手続きが必要なので
 ◎カラ期間はどうか・・・海外にいた期間がパスポートで算定されるが、カラ期間は厚生年金では使えない。国民年金の25年300カ月で使えるが、かなり不足する。
 ◎後納特例(3年間の時限付)はどうか・・・これも国民年金だけ(300か月)。これから約1年。10年前をさかのぼっても約1年分。最長で24か月程度後納できるが、まだまだ及ばない。

 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/933-c6d4eb9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城