プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

ショッピングセンターを活用=甲府市庁舎視察

10月7日、山梨県甲府市の新庁舎を、市議会の総務産業建設常任委員会で視察したので概要を報告します。
▼甲州市の人口は33,801人(土佐市28,383人)。山梨県北東部に位置する。2005年11月1日に塩山市、勝沼町、大和村が合併し発足。役場は旧塩山町市役所を利用していたが、近くのショッピングセンターシルクが2006年に営業停止し、市が購入し改装して、2010年7月末に移転。4,420㎡3階建て地下1F。総事業費約16億7千万円。
▼旧庁舎は耐震性に問題があった。また狭隘であり、合併後は水道課や都市整備課などが旧町村の役場に分散していた。新庁舎は、耐震性は十分あり、施設は約3倍の広さがあった。事業費は、移転改築案約23億7千万とくらべると、7億円も安くなり経済的だった。 
▼1階の玄関口には市民ギャラリー、市民ロビー、二つの市民会議室。地下には、喫茶店や介護用具販売店など5店が利用など市民との交流施設が設置されていて、土日も開放しています。入ると開放感があり、市民との交流が図られていた。
▼正面玄関横には、「核兵器廃絶平和都市宣言」の大きな看板が建てれれていて、好感がもてました。
▼土佐市の建替対象の現庁舎の総面積は4,793㎡(本庁舎(60年築5F1,664㎡、西庁舎(72年築3F1,499㎡)、北庁舎(78年築4F1,630㎡)))。耐震指標IS値は0.3(目標0.9)。現在基本構想が制定せれ、実施設計を含めた実施構想を来年度末には終えようとしてます。
○北庁舎とは市道を隔てているので一体化が難しい。
○甲州市は約14億、有利な起債である合併特例債を活用(総事業費の約8割)しているが土佐市はできない。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/906-1d51ba52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城