プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

廃屋が崩れ隣家まで被害・・・行政は?

「廃屋が壊れ隣家などにめいわくをかけている」との連絡が、

地元の町内会長さんから連絡があって、同じ会派の大森市議と黒木市議と一緒に視察しました。

隣家との側面が後ろ側半分、崩れだしていました。悪臭もしています。
隣家には廃材が台風の影響を受け出した昨日から飛んできていました。

市の担当課長にきてもらったが、「個人の財産は個人にやってもらわんと困る」といってとりあわなかったそうです。

廃屋の所有者は既に故人。相続人となる親類者は全員財産放棄。

建物は、須崎市の地域改善対策事業の住宅貸付資金をもとにつくられ、しかも2戸を一つにする集合住宅形式でしてます。

ところが、資金の返納はされていないので、須崎市が管財人になって競売にかけるそうです。
しかし、とてもそれまで放置できるものではありません。

市の姿勢があまりにも他人事なのに驚きました。町内の方も怒っています。

隣家の方は、廃屋がいつ壊れるかわからないので、隣接側には居れない。
いつまた台風がくるかもわからいなか不安にさらさえています。
悪臭にも悩まされています。

防災や環境衛生上からも問題であり、また市民生活を脅かすものです。また建物を保全しなければならないことにも逸脱しています。

市が放置したのは重大な問題だと思います。
対応を追及しなければ。
また、我が市でも、対応の条文化してもらいたい。

P1010211.jpg

P1010214.jpg
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/863-ed0b8d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城