プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

議員協議会 =福祉事業団の事業報告=

本日は、議員協議会。
昨年度の土佐市社会福祉事業団の事業報告。
土電と県交通との統合にともなう新会社への土佐市分の出資金のこと。
新しい給食センターと市営住宅の建設用地のことについて、市側から報告があり、討議しました。

社会福祉事業団は、土佐市の特別養護老人ホームなどの介護施設や保育事業を委託させるためにつくられた社会福祉法人。11年度は特別養護老人ホームなどの介護施設。13年度からは、わかば保育が加わり、保育事業も委託化されました。今年度からは、愛聖と蓮池の保育園が加わっています。

事業団は、条例で1条で、公的責任を明確にしつつ、市民サービスの向上、安定した雇用の場の確保および施策の効果的、効率的な実施をはかることを目的とするとしています。
市長は、事業団から適正な運営を確保するために、事業団から予算決算や事業報告などをうけ、受けた場合は速やかに議会に報告するとされており、今回の報告がなされたものです。

事業団に関する報告は、昨年度の決算とそれにもとづく決算概要と事業概要でした。
市の事業を大規模な外部委託をしているのです。市は検証して市民に知らせていく義務があるはずです。
目的としている、市民サービスや安定した雇用づくりなどがどうはかられつつあるのか。それらが直営事業のときとどうかわったのかと比較しながら示してほしいと思いました。

私がとりあえず質問したのは、事業概要で、①看護職員が2名退職した。24時間オンコール体制が喫急の課題としているところと、②入院者の長期入院の対応は稼働率向上のために非常に重要として入院中の病状の把握につとめているなどとしているところです。

①はオンコール体制がとれない背景に、看護職員の過密労働があって退職者がでているのではと心配したからです。看護職員は夜間勤務はなく、オンコール対応だけだそうです。聞いた限りではそれほど多忙ではないかんじでしたが、それなら、なぜ退職者がでているのだろうと思いました。
②は入院者が固定的な症状で施設に復帰できるかどうか早めにみきわめようとしていることだと思います。当老人ホームは入院者は入院後5日までは施設料はとるがあとはとらない。3カ月までは場所は確保し、3カ月たてば、家族と相談し、症状の状況を見極めて判断するそうです。かなり利用者の立場にたった対応をしています。堅持してほしいと思います。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/840-4662c3a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城