プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

“遅れている原因は”=特老建設問題=

昨日の町内会の総会で、町内にできる特別養護老人ホームについて話題となった。
3月中には着工予定だった施設だが、近隣者の方とまだ合意にも至っていない状況。
近隣者の一人からも理解をしてほしい訴えもあり、状況が伝わるものとなって一安心。

しかし、施設建設が遅れていることが話題となっているので、これまでの経緯などを公表します。

特別養護老人ホームは土佐市で200人をこえて待機待ちのあるもので、市民からも建設が望まれており、事業者には感謝します。しかし工事着工が遅れているのは、近隣者のせいではありません。近隣者との調整を怠ってきた事業者側にあります。
福祉サイドの行政においては、「地域との交流」をはかる特別養護老人ホームの公共性の趣旨を貫いた対応であり評価をいたします。

今回の事業は高知県のホーム等設置事業です。
募集要項には、「土地所有者、近隣住民、町内会等に対して十分に説明し、理解を得ていること」を要件としてあげています。
しかし事業者がひらいた事前説明会は町内会の役員だけの参加でした。
県に申請した“地域への説明状況”としての資料では、今後の予定として「県より公募の許可が下りれば、再度自治会の皆様、近隣の皆様にお集まり頂いてきめ細かな説明等をいたします」として報告しています。

当事業者が、県から指定候補事業者として認可されたのは、昨年の6月28日でした。

ところが、町内会に説明があったのは、今年になって、2月9日です。
町内会に入っていない近隣者もあり、その方を含めて説明会があったのは2月16日です。
そのときには、現在空家となっている所有者への案内がなされていないことも問題になりました。
また事前説明会のときに説明した図面はもっとゆとりのある図面だったと指摘する声もありました。

最も日影の影響をうけるのは、冬至で、10時から日影。夕方4時になるまで日影になる2件です。図面は、事前説明時からほとんどかわらないものだったと事業者側が説明していますが、そうであるならこれほど大きな影響をうける近隣者に対して、なぜ事前説明をしなかったのでしょう。

近隣者も町内会もそれぞれ、調整をはかるように事業者に要請をおこない2月23日に全体の説明会が行われ、1.3m南側にひき、高さも30~40cmひく譲歩案がだされました。町内会としては手をひき、後は近隣者との調整にまかせるようにしました。
しかし、近隣者は、この譲歩案でも、日影の長さが変わるだけで、日影時間はほとんどかわらず、難色をしめしていました。

現在、事業者は、この案をもって最終案とする一方的な対応をしています。
募集要項では、事業開始が来年の3月31日です。建設を急ぐのはわかりますが、そもそも最も日影などで影響をうける近隣者との事前調整を怠ったことに遅れている原因があるのですから、設計変更のことを十分検討してほしいと思います。
また、事業開始が遅れることになっても、充分な調整をはかったものあるなら理解をえやすいものになります。

ちなみに施設計画の、階高さは3.5m(譲歩案でも3.4程度)。中庭なども設けたりしており、ユニット型施設としても最小のものではありません。

せっかくつくる大事な施設ですから、近隣者の方も含めて、歓迎される施設になるよう切にのぞみます。

また、近隣者との事前調整は非常に大事です。今後とも、事業を認可する際には、この項目は充分重視していただきたい。




スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/818-7c90639d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城