プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

土佐市紙漉き職人に聞く

本日は、土佐市内の紙漉きの職人さんを訪ねました。
赤旗の読者で、今月から私が集金担当になるので訪問を機にいろいろお伺いしました。

土佐和紙は高知県の伝統産業。いの町が有名ですが、土佐市の方がかつては、倍くらいの事業者がいたそうです。
現在は土佐市もいの町も10件程度。他県では同種のものが多いそうです。高知県では、それぞれ違ったものをつくっているから生き残れた。どちらかといえば、いの町は薄紙。土佐市は厚紙で、こちらでは、版画材や壁紙をつくっていました。

納期は難しくて、長めにとってもらっている。
3人は従事者がいたほうがよく。一人ではとても。ただ人が多いととても採算がとれない。

原料は今は外国産。国産は3~4倍する。書道用は国産でないといけない。円安もあるが、タイでの資源政策で3割ぐらい割高になって痛手になっている。

原料はコウゾウだけでなく、竹でもクワでもなんでもいける。
土佐市は三位一体。原料、道具、製造がそれぞれ分かれていた。一貫してやるととても必要な製造が間に合わない。

現在の自分があるのは、高知県立紙産業技術センターで1年研修にいったおかげ。原料に応じた紙の作り方などを学んだ。実家では実家でつくっているものしか学べない。新規就業者制度が紙漉きにもあればいいが、その後自立するとたいへん。採算がとれない。農業には補助があるが、紙すきにはない。

時代にあわせたものをつくるのがカギ。県のモノづくり振興でも新製品に対しては補助があるのでいかすこと。手すきは、機械製品は、長さや幅に制限はないが、手すきは制限がある。

など聞かせていただきました。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/807-f54c4321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城