プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

地域経済の担い手=民商総会

16日夜は、仁淀川民商の総会に来賓として出席。

新会長に上岡さん。私が須崎市にいたときのカラオケ友達。“アイラブ民商”をもとに大役をうけました。
これまで会長の重責をになった近沢さんお疲れさまでした。

「商売を廃業した」。「副業としてお勤めをしながら自営業を続けている」。などをお聞きし業者の置かれている苦境をまざまざと感じました。この苦境を伝え、切り開くのが政治家の役目。がんばらなかれば。

 あいさつメモ

今の経済の低迷は、一部の大企業優遇にあります。大企業が潤えば、働く人の所得も増え、暮らしもよくなるとやってきましたが、その破たんは明らかになってきました。安倍政権は、未だに高い支持率を背景に、消費税増税やTPP参加など、破たんした大企業優遇をおしすすめています。

しかし、TPPでも、消費税増税でも、秘密保護法でも、国民の多数にとってはあいいれないもであり、これらを強引におしすすめる安倍政権は、やがて国民にみはなされるでしょう。

例えば、消費税増税は、社会保障のためといいますが、臨時国会にだされている社会保障プログラム法案では、医療、介護、年金などあらゆる改悪推進法です。財政再建のためといいますが、景気悪化するといって出された6兆円の景気対策は、大企業減税などです。庶民負担の消費税増税をとって、もうけて270兆円もためこんでいる大企業にふりわけることが本当に分かりやすくなっています。道理のない消費税増税反対にうってでましょう。

日本共産党は、破たんしている外需頼みの経済から内需主導の経済対策に転換します。
第一に、働く人の所得を増やす対策をすすめます。
第二に、中小業者の振興をはかります。これまで選択と集中といって大企業優遇で中小業者を排除してきました。中小業者は、雇用の7割をになっています。地域経済の担い手です。ものづくりの原動力です。
第三は、TPP参加を許さず、地域の基幹産業、農業などの一次産業振興をはかります。
ご一緒にすすめましょう。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/754-0747a275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城