プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

秘密法案の危険さがあらわに

12日も、妻の亮子さんと一緒に2人で朝宣伝実施。
本日は仁淀川の橋の西側へ。

8時を過ぎたのでマイクをとって話だすと、次々と車が通過して、演説が絶え絶えになってしまいました。

考えてみると、これまでは交差点だったので、信号待ちの車が絶えずあったものですが、ここはないので、車が途切れないのです。
途中から「おはようございます。日本共産です」「国民の目耳口をふさぐ秘密保護法案を力をあわせて廃案にしまよう」の連呼に。

しばらくたって車が途切れ出したので、本日の赤旗一面に掲載されていた秘密保護法案のショッキングな報道を報告。

 ー訴えの大要ー

 秘密保護法案が衆議院で本格的な審議がはじまりました。
 のっけから法案の危険ななかみがあらわになっています。
日本共産党の赤嶺議員が、海上自衛隊で違法な身辺調査がおこなわれている実態をあきらかにしました。
これまでの交友関係や属していた団体名を記入されられています。知らないうちに親類や友人が自衛隊に住所や 職業が調べられています。
 また、秘密を扱うからと携帯電話の履歴をみせることやウソ発見器にかけていいかの誓約書を書かされたりしています。異常な人権侵害。秘密保護法が制定されると、秘密を扱う、公務員や民間人にこうした人権侵害が広げられます。

 また、秘密保護法にともなう有識者会議の検討資料をもとめたところ、ほとんどが黒塗りだった。ここでは秘密をもらした公務員への懲役が5年から10年にひきあげられた重要な会議で、各省からの意見がだせれていますが大半が黒塗。これでは国会で検討できないと厳しく指摘しています。

 ここにだされているのは外務省からの意見。全くの黒塗りです。これでは「アメリカからいわれているんだ」といったかもしれませんが、わかりません。
 こんな法案断じて許してはなりません。
 
  


スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/749-4e6d7394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城