プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

土佐市でメモリアル宣伝

11日は土佐市で、震災メモリアル宣伝を市内2か所で実施。

「震災復興が遅々として進まない。とりわけ住居の確保を」と訴えていると高校生から「がんばれ」との声援もありました。

メモリアル宣伝
<参考演説>
 本日10月11日は、2011年3月11日東日本大震災がおこってから2年7カ月になります。
震災のことを忘れず、被災地の復興支援の促進をはかる。防災のことを考えるために東日本大震災メモリアル宣伝をおこないます。よろしくお願いします。
東日本大震災によって今だに29万人もの方々が先月の時点ですが避難されています。
福島原発事故による汚染水もれ事故はあいつぎ、制御できない状況におちいっています。
被災者のみなさんに心を寄せ、抜本的な対策強化を求めます。

避難されている方は29万人。住み慣れた住居を離れ3度目の夏をこえるなか、熱中症にかかったろ孤独死の例も出ています。3度目の冬をむかえる前に安心して生活のできる住居の確保はまったなしです。復興住宅の建設をいそぎ、被災者の経済的な状況をよく鑑みて適切な家賃を設定すべきです。住宅再建支援金を現在の300万円から大幅に拡充をすべきです。
医療や介護の助成制度を期限が来たからといってうちきりました。こうした機械的な対応をやめて、状況にあった支援を最後の一人まで十分おこなうべきです。

TPP参加。消費税増税は、被災者の営業や暮らしの再建を土台から奪うものであり。復興の上でも断固とりやめをはかるべきです。

25日のオスプレイ参加の自衛隊と米軍の合同防災演習に抗議
・土佐市でも、海岸部 宇佐の1.5km沖で自衛艦「いせ」が停泊し、香南市や土佐清水市からオスプレイが飛来し て停泊。
・この目的は、オスプレイを全国に広げるための地ならし。
・オスプレイは世界一危険なもの。日本の航空法上飛行できないもの。
・防災というなら県民を危険にさらしている低空飛行訓練こそやめるべきだ。
・オスプレイは戦争で海兵隊が迅速に相手国に侵入するために開発されたもの。
・平和憲法をもつ我々の立場からも断固許すべきでない。
 と訴えました。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/726-ebec419a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城