プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



土佐市決起集会

8月1日は日高村に。野村重夫村議の案内で街宣10箇所。

夜7時からは土佐市の蓮池コミュニティセンターで後援会決起集会に笹岡優衆院四国ブロック比例候補と参加。
何人か顔を覚えてくれている方がありうれしく思いました。
プレゼントとして、ブンタン産直組合の後援会の方から、ブンタンジュースの詰め合わせをもらいました。

意見質問で勉強になりました
「農産は何をやっても採算が合わん」と農業への強い不安を示す意見ありました。
「日本は国民が怒らんと思ったらそうでなかったことがわかった」と意見があり、国民の怒りが広がっていることを伝える大事さ知りました。

「共産党も自民・公明政治の退場を求めている。小選挙区は訴えにくいからあまりいわない。どうすれば。供託金まで飛べば大変になる。簡単な訴えはないか」の質問がありました。

私は、自分の票が断られた場合。「比例の票だけでも」はしっかり訴えます。

しかし、最初から自分の票は必要ないは違います。
今度の選挙では、自民党・公明党政治の終止符をうつだけではなく、それをキチンと審判するために。自民党・公明党政治にかわる新しい国民本位の政治をつくるうえでも。また民主党が政権をとれば建設的野党としてがんばる力として。将来の民主的政権をつくるうえでも日本共産党の議席は必要と訴えています。

私は日本共産党の地域代表です。私の票はこの願いが託された票。
この地域で、憲法を本当にいかし、暮らし第一、平和な日本を発展させる票。また元気な子供笑顔あふれる地域をつくる確かな票です。

私の動きは比例代表に影響をあたえます。比例代表はまさに日本共産党そのものが評価される票です。それを切り開く上で私が前をきらなければなりません。
この流れの中で私の票をとるのは並大抵ではないことを痛感。私自身の魅力も磨きつつ、わかりやすくまた熱意をもって訴えていかなければ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/618-5fcd2ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。