プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

確かな暮らしの守り手を=いの町街宣

5日(木)は、いの町。山岡勉町議がお供に。サニーマートアクセス前での早朝宣伝からはじめました。街宣は4箇所。西松建設の偽装献金疑惑が明らかになる中で、徹底解明をすすめるとともに、こんな抜け道企業献金を禁止するきれいな政治づくりを訴えました。

新しくできた4月24日の演説会用の市田忠義書記局長と私の連名ポスターも貼りだしました。

いの町の町会議員選挙は、5月17日投票です。
山岡町議は、百年に一度の危機といわれるなかで、暮らしを守る町政をすすめる決意を述べました。

山岡さんの実績と公約を「山岡勉の議会便り12月号」であげてます。
▽県内の市町村で拡充が進んでいることを紹介して子どもの医療費無料化を現在の就学前までを小学校卒業まですすめることをあげてます。山岡さんは、時には、太陽、時には北風と、この間に7回も当問題を一般質問で追及しています。負担額は1千百万円程度。
▽学校の補助教材の公費化をすすめる・・・山岡さんの追及もあって、町は来年度から、小学生に年千円/人。中学生に2千円/人の助成が実現に。しかし、これはまだ、テスト類では4分の一。テスト、ドリルや資料集など補助教材全体の20分の一程度しかなく、いっそうの公費化をあげてます。
▽介護保険料の引き下げを・・・介護保険特別会計の基金がH20年末に8,034万円も、貯めこんでいることを明らかにして、引き下げを求めてます。
▽国民健康保険の保険証とりあげを許さない・・・いの町では、中学生以下の子どもの保険証とりあげ(資格証明書化)はやめ、6ヶ月の短期保険証を発行します。しかし、これは子どもだけで、世帯では取り上げます。保険料をおさめれない状態にある人からの保険証とりあげを許さないよう見直しを求めています。
 まさに確かな暮らしの守り手。今度も山岡さんの議席を守らなければ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/478-ca69a357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城