プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

障害者年金・生活保護受給権守れ=宿毛市

25日早朝は宿毛市平田の谷口宅の前で元市議の谷口亀人さんと一緒に朝宣伝。

谷口さんより、宿毛市の福祉の問題での不服審査を県に出したことを聞いた。

生活保護を受けていた、30年前から1級の障害のある方が、最近になって障害者年金5年間遡及分474万円をもらったら、福祉事務所から全額返還要求がでて、「早くから知っていれば。納得できない」との相談があったもの。

代理人には法テラス須崎法律事務所の山口剛史さん。三原村の入居されている特別老人ホームや娘さんのいる片島まで無料で聞き取りにきてくれ、谷口さんも大いに感謝されている。

不服審査の理由は
◇生活保護をうけてない期間も請求している。
  H15年1月から遡及開始として、その間約月16万5千円支払って約474万円。
  H15年1月~H16年3月、H18年10月~H19年12月は生活保護を受けていない。
  生活保護費は障害者年金よりも少ないのでおかしい。
◇障害者年金をすすめなかった。・・・宿毛市側に重大な過失
 生活保護を適用する時に、「他法優先」があるけど障害者年金受給をすすめずに、生活保護をうけさ せた。
 ※生活保護法第4条「保護は生活に困窮する者が、その利用し得る資産、能力その他あらゆる  ものを・・・活用することを要件として行われる」
  とあり、この利用するものの一つとして、局長通達などで各種年金が明記されている
 ※障害をおった原因は、交通事故。しかも脳障害による、両手機能損傷、両足機能全廃。しばらく  意識不明になり直後から生活保護を受けている。当初から、障害者年金をすすめるべきだった。当 初からとすると2千5百万円受給できた。   
    です。
 
●この事件で痛感するのは、障害者年金がどうして当初から受給できなかったのかです。
障害者年金は、1級や2級の障害者手帳をもっていても、当人が申請しなければなりません。結構年金がもらえることを知らなくて、支給を逃す方がいるのです。
まして今回は、事故後しばらく意識がなく、その後重い障害が固定しています。
速やかに年金が支給されるように制度をかえなければならないと思います。。また少し福祉のことを知っていれば障害者年金のことは思い浮かぶはず。
福祉の心をもって迅速な対応を宿毛市は今後とってほしい。

●またこの間に生活保護をうけたり、切ったりしていることは重大です。
速やかに生活保護支給時に、障害者年金を支給するようにするのはこの問題です。しかし生活保護はこの間に4回。きったり受けたりしています。
固定した障害をもっている方にこのことは信じれません。何故かはわからないと記されていますが、福祉切捨てがみれる重大な問題です。
そもそも、宿毛市は県内で生活保護の人口当たりの受給者が一番少ない自治体です。
浅木市議(共産党)から、着信確認の請求書を送り付けないと受け付けないとか、うけても辞退届けをださせたりする生活保護切り捨てがあると聞いたことがあります。
これを契機に、宿毛市は、反省し国民の生活保護受給権を守る立場にたって、適正な対応をしていただきたい。
谷口宣伝25日
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/417-6761cc66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城