プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

宿毛市では艦載機離着陸訓練

11日は宿毛市に。早朝宣伝は平田町の谷口亀人さん前で。支持者の池ノ上さんも新たに参加。谷口さんと私がマイクで訴えました。

その後市会議員の浅木敏さんのご案内で街宣8箇所。

宿毛市12月議会で、米軍艦載機の夜間離着陸訓練場の誘致調査を求める一般質問があったことを聞きました。6月議会に続いて2回目です。6月は西郷議員、今回は寺田議員です。いずれも保守系議員。市長は自分から積極的に求めない趣旨を述べたとのこと。
岩国に米艦載機の移転によって、宿毛湾がその訓練場として狙われています。

大月町では低レベル放射性廃棄物処分場誘致の陳情。宿毛市では軍事施設の誘致の動き。
市町村合併もそうですが、共通するのは、交付金などがもらえる地域振興となるといってること。

思い出すのは、かつて自民党の国会議員が高知県はたいへんなので核ゴミ捨て場や軍事施設など誘致してはとの類をいったことです。この方向ですすもうとしています。

地方を衰退させたのはこれまでの自民党政治です。この間に5兆円もの地方交付税を削減しました。農業では、輸入化をすすめ、食管制度廃止や農業予算を切り捨てで衰退させました。

夜間離着陸訓練場や米イージス艦誘致は、平和憲法に反し、無法なイラク戦争やアフガン戦争の支援であり、地域を騒音にさらし危険にします。
迷惑施設といっても、国政の誤った基本路線にそったものです。

地域を衰退させ、迷惑施設をすすめる政治。これ以上まかせるわけにはいかない。
谷口宣伝12.11

スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/403-ec4f73ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城