プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

笹場 祭りに

 

6日は中土佐町で清岡町議の案内で行動。午前中は後援会の畝原さんの紹介で笹場に。シルバー人材センターによるセンリョウの選別場。農地をいかす会による炭焼きの工場を見学し、笹場小学校のイチョウコーラス・学校祭に参加。

炭焼工場では、
炭焼き作業されていた方で町内で10町程度ある農地をほぼ耕作管理されているとのこと。みなさん年配の方ばかり。しかも、勤めていた「仕事が定年になったからできる」と後継者難の実態を伺いました。炭は、地元の“黒潮本陣”や“大正市”で買い取られる。それほどの収入にはならないが、需要は広がっているとのこと。

小学校の催しをみるのは、自分の小学校以来のこと。
小5・6年生による環境問題の発表会と小6年生2人の弁論をみました。
自分の小学校時代とくらべて、しっかりしている。弁論までしてすごいと思いました。
地域にある金色に色づいたイチョウの葉のように子どもたちが輝いてみえました。
校舎はまだ新しく。改築は、学校の統廃合を狙っていたこともあり。なかなか認めなったものを地域で粘り強く要求して、津波の影響のない高台で移築。子どもの弁論の中でも木造の校舎が好きといってました。
子どもは宝。にぎやかな学校がいつまでも続いてほしいと思います。

夜は高岡教組60周年に参加しました。激しい勤評闘争を先進的にたたかってきた伝統を実感する賑やかな催し。教育の状況はさらに厳しくなっている。民主的教育を守るためにがんばろうとしめました。未来ある子どもたちのために私も政治の世界でがんばります。

笹場炭焼き 笹場まつり 
 


スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/399-b5e3e786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城