プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

“ゆうゆうトンビ”の頃=羽生小路

27日は四万十市。午前中は坂本市議と市街地で後援会へのあいさつ回り。

午後からは羽生小路で小集会。報告は田頭県議と私、坂本市議司会で計17名が参加。この集いで計4部の日曜版読者拡大。

私は96年から98年までは弥生町で、98年から02年まで羽生小路に住んでいました。それぞれ懐かしい地です。

集いでは、98年に転勤族だった公務員をやめて、山際の自然の多い地として羽生小路にアパートを借りたこと。その頃には、2000年、2001年の大きな節目を迎えた。その時の私の心境は“ゆうゆうトンビ”だった。
トンビのように、大きな節目があっても、何事もないようにゆうゆうと飛んでいることに魅かれた。高いところから遠くを見通していこうと思った。遠くを見通すことが大事だと話しました。

財政問題では、イギリスでは経済危機への対応として、消費税を引き下げる。低所得者に減税。高額所得者に増税を実施する。そしてこれらは公正な対応と説明している。
日本でもこうした対応が求められる。それなのに消費税増税や、大企業減税は全く逆と非難しました。

集会では、あんなものをもらってもしかたがないと麻生内閣の2兆円の定額給付金への批判が集中。
また麻生内閣の失言、漢字間違いへの非難。地域の排水路のフタの整備などの地域要求。子どもをもつ母として、仕事がない、仕事が不安定の雇用問題が心配。軍事費のムダは許せないの声がありました。

 ゆうゆうトンビ

元日をむかえし 早朝の
竹島の空を トンビがゆうゆうと舞う

君は舞う ミレニアムの節目を何事もなく
君は映える 四万十の山野に

私もまたゆうゆうと行こう
遠くを見通し 鋭く 眼を輝けせながら
羽生小路集会


スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/393-426e00b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城