プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

「ワーキングプア解決の道」を読んで

本日は健康診断。特に異常はありませんでした。驚いたのは、今回初めて測られた腹囲。87cmでメタボの基準よりも2cmも多い。
先生に聞くと、中性脂肪とコルステロールのバランスがいいので気にしなくてよいとのこと。

でもショックです。5日の志位演説会で会った西岡るり子さんから「おなか少しへこんで安心。注意を」の声もあったところ。少しへこんだのは先月のウルトラマラソンにでたからだと思います。ほっておけばお腹はすぐ成長します。ジョギングは継続して注意しなければ。

少し古いですがNHKの「ワーキングプア 解決の道」を読んだ。すごいいい本だ。最後にホームレスにおちこんだ青年の笑顔のアップ写真に涙ぐむ。彼は公園管理の仕事に就いてから笑顔もでてきた。

悪いのは雇用の規制緩和で非正規の雇用を増やしたこと。

また中小業者に悲痛な経営難が押し寄せています。さらに大本にある諸悪は、アメリカ発でグローバル化している市場原理主義、弱肉競争の規制緩和路線。

そして労働の大切さ。社会的団結で闘うことの重要性が描かれていた。

先日の某民商の総会で会長がコミュニティの大切さを強調されたことを思い出します。
「妻がいるから。家族がいるからがんばれる。仲間の協力が大事」と。
彼は今回会長を退かれる。本来の仕事にもう一つ仕事をかけもちして大変。時間もないということでしたが、どれほど心痛だったことか。

未来ある若者に。みんなが協力し合って働きあえる。それぞれの労働に意欲が感じられる社会をめざし。市場原理主義路線の日本版、大企業だけ利する弱肉強食の理論。構造改革路線を許さず、暖かい人間味のある雇用、中小業、農業を大事にするルールある資本主義にしなければ。そのための社会的な反撃をつくらなければ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/391-b0b7e37b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城