プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

若い人の雇用充実を=土佐清水市

15日は土佐清水市に。岡林市議が案内で主に中心部で街宣10箇所。

「2兆円の給付金は許せない。その後の消費税でとられてします。バカにしている
若い人の雇用をなんとか。若い人が組合に入らないのがいけない。働く人ががんばれるように」の反応あり。

また自動販売機の管理できていた青年より、「雇用がない。自分も2人目の子が。この仕事もなんとか1年延長させてもらった。職安いっても仕事がない。天引きで、12件の牛乳の顧客が減った。長年の顧客だけ残った」と状況を聞かせてもらいました。

大企業中心の景気対策から、一人ひとりの所得を増やすものに。地方では漁業、農業を安心して営めるものに手厚い制度をつくる。社会保障の充実はかること 改めてがんばらねば。

岡林市議によると、土佐清水市では、中学校3年生までに16世帯31名にかかわる子どもにかかわる保険証が取り上げられています。3年前から、中学校3年まで医療費無料化になっていますが、無保険者(資格証明書)になっている生徒は、3年間一度も医療費を払っていないそうです。やはり、保険証とりあげの影響はあります。
厚労省は、保険証とりあげの批判をうけて、子どものいる世帯には是正の通知を10月にだしました。これを機に予め保険証は確保するように改めてもらわなければ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/381-9557e6d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城