プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

山に未来を

4日は仁淀川町旧仁淀村で街宣8箇所。

各集落で深刻な実情を聞くことができました。限界集落といいますが、早急な対策と山切捨て政治の転換はまったなしです。

政府はこれまで過疎対策とめいうってうあってきましたが、公共事業対策中心で、輸入化に象徴されるように肝心の農林業をないがしろにしてきました。「山を切り捨てて、大企業だけ応援して効率本位の政治は荒涼とした未来しかない。山は空気がきれいで、なごむ自然があるこれを大事する政治こそ夢があり求められる。林業やお茶が安心して営めるように、山を宝にすることこそしなければ」と決意を述べました。

<年配の女性①>
ここの道路は私が無償でゆずったもの。そうせんと道路ができん。一方でムダな地すべり事業に200億円も。いらん排水をみる。
お茶が安うなった。前は200万円あったが、今は10万円までしかない。もう捨てよる。
林業はこの地域で50町もっている。手入れして固定資産税も払いよるが、売れん。
子どもが定年になって帰ってきてほしいが、帰ってすることがない。お茶も、木もダメでなんちゃすることがないという。
もう今の政治いかん。未来がない。子や孫につながらない。
私は自民党でたいていやってきた。毎年党費も払いよるがなんちゃにならん。あんたに票をやる。

<年配の女性①>
私は80歳になるが1人ぐらし、子どもは10年前になくなった。孫を高校にいかせて、専門学校に通わせた。専門学校に入ったときにおじいちゃんがなくなった。がんばって専門学校を通わせた。孫は、ばあちゃんの家に近いところと高知市内に就職してくれた。
ここでは子どもはいない、若い者は40代。仕事先がない。賑やかな声をしばらく聞かない。
木を植えなと植林して管理してきたがもう安くて、私らにはお金にならん。
じいちゃんが亡くなって足がなくなった。週に一辺、コミュニティバスが来てくれるから助かっている。病院や買い物にいっている。移動販売は前に来ていたが、人がおらんようなってこなくなった。
マチで暮らせばというが、アパート借りるほど年金がない。ここでは、家もあるし野菜とかつくってなんとかできる。ちゃがまったらどうしようと思うが、孫がひとり立ちすればええ。もう私ら死んでええ。
仁淀川4日
仁淀高瀬


スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/370-030bad38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城