プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

減らすべき歳費VS企業献金

本日は、土佐清水市で岡林市議と街宣15か所。足摺半島を回りました。

政府は昨日の2兆円の給付金を景気対策として出しましたが、3年後には悪質な消費税をあげるといいます。これまで定率減税廃止など13兆円も負担をかぶせ、2兆円の1年ぽっきりで3年後には消費税大増税をはじめるとは、選挙対策で、まともな景気対策といえるか。と訴えてまいりました。

今日は率直な話が聞けました。
演説を聞いてくれたお母さんが、「共産党は名前が悪いかえたら」と
・・「共産党は共に幸せを産む党だ」といったら「「共幸党」にしたら」といわれました。ミニパンフで“選挙を通じて一歩一歩”“市場経済を通じて”“働く人々が主役”説明しましたが、まだ心配そうでした。

昼食で寄った喫茶店では「誰も議員の歳費を削れといわん。おかしい」といいます。
・・・歳費は一人2千万円ぐらいで、政党助成金は2倍の4千万円。さらに一晩で1千万円以上かき集めているパーティ連発して、その上、企業献金をもらってます。
共産党(政党助成金と企業献金受け取らない)以外は、歳費を削っても痛くもかゆくもない。
一番悪いのは企業献金。マルチ商法擁護発言で明らかなように歪ませる。大企業いいなりで歪んだ政治をただすにはここにメスをいれなければと力説しましたが、
・・・企業献金はしかたないとのことでした。

演説を磨くには、喫茶店でのような話しあいをもっとして説得力をつけないといけないと岡林市議と話しました。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/367-0438be79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城