プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

共産党にお世話にならないかん=浦の内

3日は、須崎市で主に浦の内地区で街宣12箇所。安田さんが本日も運転手に。豊島市議、堅田市議が同行してくれました。

「年金で暮らすのを楽しみにしていたのに、次々にひかれる」と農作業をしていた方が「この辺では、もう共産党におせわにならないかんといよる」と嬉しい声がありました。

浦の内地区の南側は半島です。集落にいくには、中央を走るスカイラインからそれぞれ下らなければなりません。下る途中には立派な尾を持った雉にあいました。

「肺の病気になったが病院にいくにもタクシ代が3千円かかる」「息子が病気になった。障害者年金だけではやっていけない。老後に数百万円たくわえがあったがもうなくなった」などの声を聞き、年金や医療を充実させることを痛感しました。毎年2千億円をこえて社会保障を削減し、姨捨山医療の後期高齢者医療までもうける政治は、本当に腹が立ちます。

漁村である池の浦では、学校がなくなったが、最近、若い者が増えてきて、小学生が10人ぐらいに増えたと聞きました。伊勢エビ漁などが好調なのが原因です。元気さを取り戻しつつある集落があることは嬉しく思います。漁業や農業・林業を生計が十分立てれるようにしていけば元気な集落を本格的につくり、広げることはできます。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/04 17:16】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/326-7e301ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城