プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

大月町=中身のある議席必ず

本日も大月町議選に政党カーで伊芸さんの応援演説をしました。

柏島から竜が迫へと大月の東側海岸をめぐり中心の弘見で演説。いよいよ明日は投票日。
中学校でも小学校でも1つに統合されるなかで、議会でしっかり質問して、論戦力十分持ち、大月をまもってきた伊芸さんどうしても必要だ。こうした中身のある議員をみんなで送り出してこそ政治の中身をかえる道だ。と訴えました。

柏島といっても今は橋でつながっています。この橋は新旧で2本かかっています。
新しい橋はかなり桁が高いですが、地元の子供たちは飛び込みます。先日はテレビでも放映されたと聞きます。

伊芸さんの選挙応援で来ている三原村村議の横本行雄さんは、かつて子供が高い橋から飛び降りたので自殺だと思って、本人も、後をおってすぐ助けに飛びこみました。すると「おちゃん、ぼくら遊びでやってるんで」と勘違いしたとのこと。
それにしても、横本さんもよく飛びおりました。議員になる前に土木作業員として橋の工事に携わっていたからだといいますが、まさしく横本さんの強い責任感と正義感を示す話。

柏島

写真はシャジン。海岸沿いによく咲いていました。
シャジン

スポンサーサイト




この記事に対するコメント


私もあれだけ応援に入ったので伊芸さんが当選できてなによりです。

遠隔地からご支援いただきましてありがとうございます。

総選挙こそ、内閣の顔や政権を変えるだけでなく、ゆきづまった政治の中身をかえることこそ必要なことを大いに訴えましょう。

そして確かな変革方針、立場があり、国民が主人公でがんばった実績がある日本共産党をのばして、「国民が主人公」が主人公の民主的な政権づくりの第一歩をつくりましょう。
【2008/09/30 21:08】 URL | 村上 信夫 #- [ 編集]

守れたね、中味のある議席
伊芸さんの当選おめでとうございます。連日応援された村上さんのお喜びはひとしおでしょう。遠隔地の私も喜んでおります。
ところで、質問を一度もしたことのない方々も当選するという現実。有権者は、自分達の生活や教育問題などしっかり見据えて投票しているのかしらん?
ま、思想・信条は憲法で保障された自由ですもんね。
次は、いよいよ衆院選。頑張りましょう!!
【2008/09/29 06:43】 URL | kanakana #aT8Lygdg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/320-2a83a34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城