プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

山で暖かいもてなし

本日は伊野町で山岡勉町議と行動。
最初にいあつもの通りサニーマートアクシスの裏にある山岡さんの地元で街宣。よく聞いてくれるIさんがいて「がんばってくれ」と握手。夕方息子さんにあったら「共産党やるぞ」と盛り上がりました。

その後旧吾北村に。先日一度はきてくれといった葛の集落に。道路がなくて山道をモノレールにそって歩きました。途中にホトトギスの群生があり驚きました。牧野植物園でよくみましたが野生のものは初めて。

30分ぐらい歩くとようやく家をみつけました。ハンドマイクは交互にもっていきました。声をかけると年配の女性がいて、「まあようきたな」とお茶にお菓子にタオルをもらうなど温かく迎えてくれました。
“この辺り、みんな畑で見晴らしがよかったのに変わってしもうた。みんな杉になってなにもみえなくなった。昔は30件ぐらいあったが今は8件ぐらいに。災害で地盤が崩れ、でていったところもある。この家でまだ奥の家の中間。この家は120年前のもの。水は枯れることはない。道は裏の方にすこし歩けばいけるところまできている。こちらきたら大分違ったのに大変やったね。買い物や病院に行くにはタクシーを3人ぐらいで乗り合わせる。近くの診療所まで3千円ぐらい。モノレールを使うこともある。150kg制限で2人まで。全長1.2km。月に1回点検している。多い時は5万円くらいかかる。部落で昔植林を売った金があるのでなんとかまかなっている。お金のある集落なので助かっている”など伺って時間が足りず引き返しました。

なんとか「一度見てくれ」といったことにこたえ、山の暮らしにふれることができました。「このままでは集落が森になる」と越知町で聞いたことでしたが実感しました。それにしても近くに道路はきていても庭先まで車が入らないのは不便と思います。心温かいもてなしうれしかったです。よき出会いいったかいがありました。暖かい心にこたえるように山を元気にする世直しをしなければ。

朝日新聞の記者より街宣を取材したいの連絡があったので、午後4時に天王ニュウタウンで実施。
高知での独自の訴えを知りたかったという指摘あり、もう少し独自性や体験をまじえて練り上げなければと刺激になりました。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/315-9b7b807f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城