プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

行き詰まりの象徴“後期医療制度”

本日は、旧窪川前で行動。早朝宣伝。午前は組織強化。午後から街宣6か所しました。

演説を聞いてくれた年配の女性の方が、「私はようやく暮らしる。家がなんとか残っているだけ。なにもない。こんな暮らしを知ってほしい」と語ってくれました。

私は、「ゆきづまった自民党・公明党政治の象徴は後期高齢者医療制度と思います。
少ない年金暮らしの方からも、高い介護保険料に続いて、後期高齢者医療制度の保険料とりあげる。世界に例のないがんばってきたお年寄りの方を切り捨てる医療差別をおこなうことは、国民の願いとかけ離れている」といっています。

これはまさに弱者切り捨て政治の象徴です。庶民に負担増の一方で大企業・大資産家には減税という暴挙や、ムダな軍事費にも手を入れず社会保障を削減する格差を広げる政治を許してはなりません。弱者を大事にする政治を、がんばってこられたお年寄りの方を社会全体が支え、本当に長寿を祝う国をつくらなければ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/306-98601a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城