プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

久礼=深刻な原油高対策を

30日は中土佐町で清岡国男町議と行動。猟師町の久礼であいさつ回りなど行いました。日曜版読者は1人増えました。

原油高が漁業に深刻な影響を与えています。

20年前に、仕事を退職して一本釣りをはじめた。当事の軽油は1ℓあたり50円~60円。現在は125円。いったら赤字になる。スーパーで買ったほうがマシ。 の声

夏場はヨコ(まぐろの子供)漁でなんとかなったといいます。マグロの養殖が広がり需要が増えています。1匹2,100円程度。暑い中で、捕れない日もあり高騰した燃料費が響いてます。
水産会社と契約を結んだ場合は、燃料代はもってくれなんとか夏を越したといいます。

漁業は、好きな釣りが商売になる自然相手の仕事。カツオでは、巻き網漁解禁で日本に上ってくるカツオが少なくっています。漁業資源が少なくなっています。魚の値段は数十年たっても変わらないといいます。漁業の不振から、後継者ができないことが問題になっています。年金をもらっている方も、漁に出れば赤字になるので漁をやめています。

かつてなく深刻な危機をむかえています。

745億円の原油高対策は、
5人で一組をつくるなど一本釣りにむいてない。投資までしてエンジンの買い替えはできない。90円はまだ高いもっと下げて欲しい。
 などいかにも取り扱いにくい。

深刻な原油高に十分な対策を行い資源管理をはかりながら、魚の価格を安定させ、漁が安定して営めるようにしなければならないと思います。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/297-b1ce0cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『消費期限切れ』自民・公明政治の『偽装』に協力する大手マスコミに、怒!!!(# ゚Д゚)・;\'

 福田総理が前任者に倣い『プッツン辞任』してから一夜あけ、新聞各紙やマスコミではその話題で持ちきりである。  一国の総理が二代続け... コミュニスタ紅星の幡多荘草紙【2008/09/02 23:05】



テンプレ作ったやつ→
姫月結城