プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

暮らし第一の政治を

24日は土佐清水市で、岡林喜男市議の案内で行動。
原油高問題を下ノ加江漁港などで語りました。「自民党が漁業だけにだすのはどうか」と政府が燃料代をさげる直接ほしょうの対策に難色をしめしている記事が話題になり、「漁師を見下している」の声がありました。

15日にいっせい休漁したことで、漁業のおかれている深刻な状況が国民の中で明らかになり、国民に安定した魚を供給するためにも対策をとらなければならない理解が広がっています。今や漁業への原油高対策は国民的な課題です。軽視は許せません。

「イージス艦を削ればいい」の声がありました。平和憲法からみれば5兆円にのぼる軍事費はムダです。また異常なアメリカいいなりのインド洋での自衛艦によるアメリカ軍などへの年90億円にのぼる支出。年2千億円をこえるアメリカ軍への思いやり予算。アメリカ軍へのグアム移転への支援費7千億円などもむだな支出です。これらをあわせれば、漁業はもちろん、農業、運輸関連など広く対策がとれます。

ムダな軍事費やアメリカへの思いやり予算と国民の暮らしを守る原油高対策どちらが大事かは明らかです。
国民の暮らしを支えることを第一にした政治づくりを痛感しました。
清水海


スポンサーサイト




この記事に対するコメント


土佐清水では、リマ海域については聞いていません。

海区漁業調整委員に再任された清岡国男さんは、「カツオは攻撃さえる、沿岸とは逆に沖合に逃げる。リマ海域で米軍がドンパチするのが、黒潮による回遊魚が高知県沿岸にくるのを妨げている。補償金をもらうよりも、演習をやめて、制限区域を撤去してもらったほうがはるかに実利がある」と訴えています。

添付していただいた保安庁のリンクで、リマ海域な場所がよくわかります。まさに高知県など海域以東に深刻な影響を与えるところです。

この間、漁業者から、カツオやシイラやマグロが沿岸にいなくなったといいます。今こそ撤去してもらわなければと思います。高知県沖合に設置している黒潮牧場よりもはるかに深刻な影響をあたえます。
また省エネ化・温暖化からも、望まれ、ますます撤去意義は高まっています。
政府は誠実な調査を行い。撤去する運動を広げましょう。
【2008/07/25 08:22】 URL | 村上 信夫 #- [ 編集]


土佐清水の漁業関係者はリマ海域を肯定的に受け止めているのでしょうか?それとも否定的に考えているのでしょうか?

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN5/tuho/2007/32.htm

カゲ茶的には『邪魔』ですww
【2008/07/24 22:24】 URL | カゲ茶 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/266-916f48b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城