プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

「資本主義の限界」に

18日は、県委員会総会に出席し、夜はバドミントンサークルのビヤホールでの懇親会。

県委員会総会では主に6中総の討議。特に注目したいのは「資本主義の限界」の議論と党の立場。
6中総では「この注目は一過性のものでなく、・・社会と経済の枠組みを根本から問う新しい時代が始まったことを予感させるもの」として、根本的な回答を示す党綱領の立場を大いに語ろうとしています。

地球温暖化、投機の横行、世界的規模の貧困と飢餓の拡大は、巨大に発達した生産力を制御できない資本主義の矛盾をかつてない規模であらわしています。
洞爺湖サミットでは、最大の争点である温暖化問題では先進国として、中期目標はおろか、長期目標も示しませんでした。投機マネーも規制に踏み込めませんでした。人類の生存にかかわる重大問題に資本主義の中心である先進諸国で処方箋を示しえない姿が浮き彫りになりました。

特に足を引っ張ったのがアメリカ、日本はそれに追随しています。いずれも新自由主義路線を進めてきました。野放しの資本主義の危険性があらわです。

一方で温暖化対策で実績をつくり、雇用、社会保障の充実で格差解消につとめているEU諸国からは学ばなければなりません。これらから導かれるのは、環境や雇用、国民の暮らしを守る制度を充実させることです。「ルールある資本主義」づくりです。世界的な関係でも、各国の国民の権利と主権を守る立場に立った民主的な経済関係を築くことです。

資本主義の限界を大本からのりこえる可能性があるのが、社会的な関与、社会的な意志がより生かされる社会主義体制です。ベネズエラなど南米では、それに注目して、選挙を通じての社会主義を探求しているのは注目されます。

民主主義と社会主義が両立する。むしろ民主と自由が、より充実して、この面でも資本主義より優位性が発揮できるのが社会主義でなかればならないはずです。日本共産党の路線は自由と民主主義を発展させる立場で社会主義体制を描いています。この路線は、理想があり先駆的です。確信のもてる路線です。大いに語りたい。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/259-c1ad23d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城