プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



緑深き池川の山里

5日は仁淀川町で、井上輝美、伊藤武徳元町議の案内で行動。

仁淀森林組合長の日浦さんと懇談。大手業者の進出が県内にあるなかで、地元製材業や林家を第一に考えてほしいことなど要望をお聞きしました。

旧池川町の土居川流域を回りました。「人が住めんようにされた。90人も学校にいたのに子供がいない。今は池川全体でそのくらい。若者の仕事するところがない。木が安くてもうけにならん」と元自民党員の方から怒りの声がありました。ヨーロッパでは条件不利地では約百万円の農業所得補償制度があると大野晃さんの本「山村環境社会学序説」にあります。どの地域に住んでも、安心して暮らせれるよう山地では手厚い公的な支援が求められます。まして日本の憲法には生存権が明記されています。生存権を輝かせなければ。

集落を囲む山々の梅雨明け時期のどっぷりとした豊かな緑が印象的でした。我々は自然に抱かれにいくことこそ求めていかなければと思います。

写真は岩柄という滝のある集落。「共産党の村上といいます」というと「まあ・・・共産党大好き。やってもらわないかん」と 年配の女性の方から励ましの声がありました。   
        
 
 岩がら


スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/248-0e26c290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。