プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

今度の選挙は格差打開だ

26日は土佐清水市で行動。宣伝カーをかってひとりで行動。どこで演説しょうかと逡巡して、ようやくやつていると「家の前なので」と断られる。そんなことがあったので街のなかでは演説ポイントがみつけれずふらふらしましたが計6か所の演説をしました。
一人でやるのはなかなか大変。紹介されることなく聞かせる演説は私にはまだまだ。短くインパクトある演説へもっと磨きをかねなければ。けれど開拓精神で楽しみました。

夜は三崎で“語る会”。中野学元市議の司会で、岡林市議とともに語りました。「前回の総選挙は郵政民営化だけでやった。与党は大勝したが、地方は切り捨てないといった公約は守られなかった」。「NHKで「蟹工船」がブームになっているのが取り上げられた。大企業に都合のいい雇用破壊が進む中で共感をうんでいる」などの意見が出ました。今度の選挙はワーキングプア打開の選挙にしなければ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


どうも議論が合わないみたいですね。
90年代のことは実際に反自民で政権がなされたけれども自民党政治の枠内では、前進にならなかった。また当時最大の野党でも政権に入った場合には従来の路線をなげすて、自民党政治にすり寄りました結果は、2例とも自民党政治でもできなかったことがなされるような事態まででました。この時にマスコミは、反自民連合にならばバラ色になるように描いています。繰り返してはならない教訓です。何ら理由なしに軽視するのはどうかと思います。

細川政権のなかに入っていなかったというのは、むしろ看板倒れだった反自民にいらなかったことではありませんか。滑稽な気がします。

政策が大事だということで話があってきたことは重要と思います。自民党政治のどこをどう変えるかこそがあってこそです。しかしそれは自民党政治の大枠をどうするかが大事です。これは90年代時の経験からも明らかです。
自民党政治の枠内とうのは、国民が主人公からかけ離れ、財界いいなり大企業中心・アメリカいいなり、侵略戦争美化などの異常を共有することです。

民主党はこの3つをみちあわせています。
民主党は反自民で参議院選挙で大勝したはずなのに自民党と大連立をしかけました。またアメリカにはもっと奉仕する自衛隊をアフガニスタンに派兵する対案をだしています。ここにはアメリカには逆らえない自民政治と同質の異常さを共有しているところがみえます。
その後対立姿勢を示し、審議拒否をするなかで、宇宙に軍拡をひらく宇宙基本法を協力して一気に通すなどありました。
国民新党のことはよく私はしりませんが自民党政治の枠内と思います。
社民党は憲法を守るといいながら、改憲政党である民主党と選挙協力をしています。

異論はあるでしょうけれども、保守二大政党づくりには実際に批判はあります。私たちの立場は、自民・公明政治追及、こうした保守2大政党づくりは許さないことを選挙で問います。
【2008/07/03 00:57】 URL | 村上 信夫 #- [ 編集]

共闘
90年代の話ではなく、現在と将来の話をしてください。細川内閣には共産党は参加していないのですから、そのときの話をしてもしょうがありません。民主連合政府が完全一致を前提としていないことは、綱領中で明らかにされています。他の野党3党も、大半の項目について、合意することができるでしょう。共同のマニュフェストを作成すれば、政策の実現にいくらかの担保がつくことになりますので、共産党が共闘を拒否する理由はないはずです。私は、民主党に協力をせよとは申していませんで、国民新党や社民党もあわせて、互いに協力されることを願っているのです。反自民だけの政権交代にしないためにも、共産党が積極的に提案をして、流れを主導するように努めるべきではないでしょうか。勿論、共産党の主張にも誤りがありますので、そこは国民新党が正してくれるものと信じていますが。
【2008/07/02 20:47】 URL | High-Low #- [ 編集]


”反自民”だけでの政権交代はも国民とってよくならないことは、実際にあった大宣伝された90年代のことを振り返ってのべました。

”反自民”をかかげている民主党については、先の国会とワーキングプアに関するところでも述べています。その上での判断です。
【2008/07/01 22:41】 URL | 村上 信夫 #- [ 編集]

民主連合政府と予備選
90年代前中期と現在では政治構造が違いますので、比較することは生産的でないと思います。経済政策等の評価については、私は共産党の主張にも誤りがあると思っていますので、ここではなんとも申しません。

現在の共産党も自衛隊の当面存続を認めています。また日米安保については、綱領に廃止を明記されていますが、綱領中に国民の支持なしに行うべき理由が示されていませんで、国民が主人公を謳う共産党は、民主主義の原則に従っていただけるものと確信を致しております。勿論、現野党の緊密な協力には、広範な内容の合意も必要であろうと思います。実際に共産党が「民主連合政府の第一段階」と言える程度の内容も可能であろうと思いますが、過去や細部にこだわっていては進みません。前向きに考えるべきです。

全く同じもの同士ならば、共闘ではなく、合併をすれば良いのです。違うところもあるから共闘をするんです。共闘をしない理由を考えることではなく、共闘をする方法を考えることに、資源を集中して欲しいと思います。綱領中、民主連合政府の政策については、挙げられた3つ以外にもいくつか示されていますが、大半の項目について合意が可能であろうと思います。3つについても、民主的且つ合理的な範囲での合意が可能であると思います。

さて、村上さんにとって重要なことは、「ワーキングプア打開の選挙」になるのかと云う事であるはずです。民主党候補の考えも同じでありましょう。しかし、くどいようですが、こちらに2人の候補がいたのでは、議席はあちらに行ってしまいます。有権者にも選択のしようがありませんし、「打開の選挙」にもなりません。彼女の他の政策が受け入れられないとお考えならば、有権者に判断を仰ぐしかないはずです。予備選をして、どちらが候補にふさわしいかを有権者の皆さんに選択をして頂くというのは、極めて民主的且つ効果的です。
【2008/07/01 15:30】 URL | High-Low #- [ 編集]


政治の世界では過去がどうであったか、その対応はどうかは、現在の立場、主張に重みがあるかみる上で重視しなければならないし、そうするのが政治を良くする道と思います。

繰り返す話になりますが、
「非自民」として大宣伝がなされてできた93年8月にできた細川内閣は、自民党政治すらできなかった小選挙区制、政党助成金を導入しました。背景には、自民党政治の継承の合意事項があります。

また社会党が政権に加わった94年6月末からの村山内閣をみると、「公共投資計画」を10年間で630兆円につみましし、逆立ち財政を加速。消費税を5%に引き上げ法を成立。農業の輸入自由化をすすめるWTO協定も結びました。社会党はこのなかで、日米安保堅持、自衛隊合憲を唱えこれまでの主張を投げ捨てています。

大事なのは、自民党政治のどこをどう変えるかの中身です。自民党と枠組みが同じでは、変革がきたいできるどころか悪くなることもあります。

日本共産党は連立政権をめざすと綱領にかいて一貫して追及し連立すべきなかみを明らかにしています。
異常なアメリカいいなり・大企業いいなりをただすために、おおまかには①日米安保廃止し独立平和の日本②大企業に社会的責任をはたさせ、国民生活を守るルールある資本主義③憲法改悪を阻止し、憲法の全条項を守るでの政権です。

一方、アメリカいいなりでの軍事強化は世界に逆行し、アメリカ仕込みの新自由主義のみちこみは貧困と格差を広げています。大企業いいなりは、ワーキングプアをうみ、大企業には減税・庶民に負担増を財政をゆがませています。いずれも耐えがたいほど異常です。

ここに立ち向かうことは、国民の利便を確保する財政上からも、平和の未来を守る上でもますます求められます。

この立場で、相手が共闘するかどうか見極めてほしいと思います。

【2008/07/01 01:56】 URL | 村上 信夫 #- [ 編集]


民主党とは組まないと仰っているのでしょうか。二大政党の経緯等々はともかく、共産党も民主連合政府を綱領で謳っているのですから、現在の選挙制度に於ける現実的な方策によって、有権者に選択肢を与えることが必要ではないでしょうか。以前、国民新党寄りであると書きましたように、私の考えは、必ずしも今の民主党の政策と合っているとは言えません。面白いことに、国民新党と共産党の政策に於ける方向性は似ていまして、関東は17年に国民新党の比例候補がありませんしたので、共産党か新党日本か(当時は提携関係のようなものがありました)で迷った覚えがあります。その国民新党は、参議院では民主党と統一会派を組みまして、選挙でも協力するという立場を明らかにして、郵政民営化見直し法や六兆円の減税合意、日銀審議委員の不同意等、民主党への要求をいくらか通しています。過去の話をなさるのではなく、共産党が民主党に味付けをして、民主連合政府をつくるんだというくらいの前向きの考えをもっても良いのではないでしょうか。

参議院でも、民主党単独では過半数を確保していませんから、共産党と社民党が賛成しなければ、少なくても現野党側の枠では何の法律も通りません。自民党と民主党が一緒に通すというのなら、共産党が何をしようとも通ってしまいます。しかし、共産党と民主党が手を組んでいたとすれば、民主党がわざわざその手を離すようなことをすることはないでしょう。

何にしろ高知三区では、候補が割れている限り、誰に投票しようとも、勝つのは自民党現職というのが現実でありましょう。ただ、どちらが退けとは申していません。民主党候補が退くべきと思われるなら、彼女にそのように仰ると良いように思います。あるいは予備選でもなされば、選挙区も盛り上がることでしょう。日本の民主主義にとっても、民生改善への流れにとっても、極めて有意義です。高知三区の振興にとっても望ましいことであると思います。


私は共産党と国民新党の政策の方向性が似ていると思っていますが、決定的に異なる点もあります。この点は非常に重要で、その意味では、自民党と民主党と共産党は同質同類であると思います。ただ、政治家がそんなことを言ってはなりません。私も他の文脈では絶対に言いません。民主党や共産党を貶めるようなことをしても、政策の実現には何の利益も齎さないからです。国民の利益にはならないからです。
【2008/06/29 05:14】 URL | High-Low #- [ 編集]


反自民だけでは、自民党政治をかえることにはなりません。それは90年代の反自民連合であきらかではなりませんか。むしろ、悪法がとおったのが実態でした。

反自民にかわる確かななかみがあるかどうか見極めなければなりません。選挙で共闘するには自民党をどうかえるか特に大本をかえる確かな方針が必要です。そうでなければ国民に迷惑をかけかねない。それが教訓ではありませんか。

民主党をみてみましょう。反自民の立場をとっていますが、憲法改定、消費税増税では同じ方向です。これは大企業優遇、アメリカいいなりでは同じ方向をもっているからです。
これは重大です。今、大企業優遇に雇用改悪、輸出企業中心で衰退させられた農業、大企業に減税、庶民に負担増をどうかえるか。またアメリカいいなりでの軍事強化、新自由主義のもちこみが大問題になっているからです。
そもそも2大政党づくりは財界がしかけたものです。自民党がだめなら民主党に自民党政治をひきついでもらおうということです。

先の国会みても、テロ特措法では反対しましたが、このなかで大連立をしかけました。そしてもっとひどいアフガニスタン本土に自衛隊を派兵する恒久法の法案をだし、この方向で呼び水をだしています。
宇宙軍拡化への宇宙基本法、官民癒着を強める国家公務員改革基本法など対立の陰で協力して一気に通しています。

ワーキングプア打開のためといいますが、民主党が前進すればどうしてなりますか。
民主党は、ワーキングプアづくりとなった。98年裁量労働制拡大、99年派遣労働の原則自由化に賛成しています。また貧困に拍車をかける。02年母子家庭手当削減。05年介護保険改革に賛成しています。
こうしたことへの真剣な反省があったとは聞きません。

むしろ2大政党制が強まるからこそ、国民にためには自民党と同質同類性は強く訴えていかなければならないはずです。
【2008/06/29 01:39】 URL | 村上 信夫 #- [ 編集]


17年選挙では、過半数を得ていないのに与党候補が当選したという選挙区が、かなりありました。高知三区も、自民党現職は過半数を辛うじて確保しているに過ぎません。その現職も有名になって、野党の勢いが増すなかでも、野党候補のどちらかが選挙区で当選できるという可能性は低いものと思われます。共産党の候補がすばらしく、他の選挙区よりも得票率が高いようですので、選挙区特有の事情もありましょうけど、有権者は迷ってしまうと思います。候補が割れている限りは、自民党現職が安泰であるということでは、ワーキングプア打開の選挙といおうとも、有権者に選択肢を与えていないのと同じではありませんか。
【2008/06/28 14:42】 URL | High-Low #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/238-108aca4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城