プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

「数の力」合戦 許さず

12日テレビニュースをみると、衆議院の信任決議案で賛成討論の自民党に続いて、日本共産党の穀田恵二さんが反対討論で映っているので驚いた。穀田さんの“福田内閣の国民からの支持率は20%程度まで落ちており到底信任決議あげるものでない”のことばに「そのとおり」といったことだった。

後で民主党など他の野党が審議拒否をしたからであることがわかった。しかし、出席して、討論に参加してこそ意義があるのは穀田討論で明らか。

民主党は、わざわざ党首討論の予定日に党首討論をとりやめさせて参議院で問責決議を提出した。首相に対して問責の原因を追及できる絶好の機会を放棄するのはおかしい。日本共産党は議席が少ないことから党首討論をさせてくれないのでなおさら腹が立つ。

私はこの間、野党4党で共同して後期高齢者医療制度廃止法案を提出して、参議院では可決させた。今度は衆議院にまわる。どうかみなさん。廃止の声をいっそう高めて衆議院で可決させ廃止させましょうと訴えてきました。
ところが、廃止法案を提出しておきながら、民主党などは審議拒否。
しかも問責決議を決めても、11日の4野党の会談では、鳩山由紀夫幹事長は「解散にうってでることはないだろう」といっています。これは全く無責任。一刻も早く後期高齢者医療廃止を求める国民の願いにそむきます。衆議院で可決させるためのご協力を国民にいえなくなりました。

日本共産党は、民主党のように2005年のマニュフエストで「独立性の高い新たな高齢者医療制度の創立」をだすようなことはなく、与党が、「野党も賛成したではないか」と責めている2000年成立した医療制度改悪の「高齢者医療に別建ての制度をもうける」とした付帯決議にも反対しています。
ねばりづよく後期高齢者医療廃止を求めてがんばることを伝えるとともに、当初から一貫して反対を貫き誠実に後期高齢者医療制度許さないようがんばってきた日本共産党の姿を伝えなければ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/224-2a44de5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城