プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



てっぺんの灯台=長寿庵

本日は津野町東津野で元村議の坂本健一さんの紹介で街宣2か所。
お昼は土佐のてっぺん四国カルストに近い口目ガ市の長寿庵で赤旗読者会に参加。パネルを使って日本共産党の綱領路線を語りました。
農村では、共産党の存在感がなく、道路財源の問題で保守ががんばっているような印象がある。共産党が訴えるものはの質問がありました。
貧困が全国民的に広がるなかで、志位委員長の派遣問題で是正を求める質問が反響を呼びました。切実な雇用の課題に取り組む姿が労働者に響いたといえます。農村の暮らしにくさは深刻です。しかし農業ではまだ光っていないのが現実。日本共産党は3月7日に「農業再生プラン」を発表しています。深刻な低米価対策、輸入制限などこの方向こそ、農業と地方を守り、国の安全な食料を安定的に供給する道です。地方で、農民の胸に、大いに政策を訴えていかなければと思います。

坂本健一さんは、最初に村議に出た時は、共産に土地をとられる。怖い。また反対ばかり」といわれた。議案には実際9割は賛成しているのに、まに反対すると保守の議員から「とうらんことするな」といわれた。そんな保守が強く共産党の偏見の残る農村部で村議を20年間つとめた。今では共産党と知られていながら農協の役員をし、農協推薦で農業委員をするようになったことを話されました。
さまざまな偏見があるのが共産党です。実際の活動をいれば誤解もなくなります。
本当の党の姿を、農業政策を大いに語らなければと思います。長寿庵の読者会に呼ばれたのは3度目。いつも励まされました。土佐のてっぺんに輝いた灯台。また輝きがましてみえた。
長寿庵2
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/190-a0db8d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。