プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

高岡中学校=建替えを

高岡中学校は昭和35年8月に建設され、56年が経過しています。

9月議会の一般質問で、高岡中学校の建替えを求めました。

保護者の方から、「ボロボロ はよ建替えてほしい」との声を伺ったからです。

質問前に見学した写真を公開します。

劣化による損傷が部分的にはありましたが、先生方のご努力により、自前で補修されたりして丁寧に使われているのが印象的でした。

高岡中学校は、平成23年度に耐震補強工事。平成26年度に屋上防水の全面改修を行っています。しかし昨年度行った体力度調査では、全面的に老朽化が著しく、体力度基準値を下回っていると判定されています。

***以下は質問と答弁。

高中外壁ボロ高中角ぼろ
高岡中学壁ボロ1高中水道ボロ

高中天井漏れ




○2番議員(村上信夫君) 4問目「高岡中学校の建替えについて」、です。
高岡中学校については建替えが検討されていることは、議会でも議論されてきたところです。しかしその後、具体化がなされていません。
校舎がかなり古い、地震が起きたら心配だ、と不安の声が保護者から寄せられたことがあります。校舎の建替えは現在、どのようになっていますか。
○議長(黒木君) 武森教育長。
○教育長(武森正憲君) 村上議員さんからの高岡中学校の建替のつきましての御質問にお答え申し上げます。
高岡中学校の校舎は、昭和35年8月に建築され56年が経過しております。この間、老朽化が進む中で、平成2年度から3年度にかけては大規模改修、また平成23年度には地震対策としましての耐震補強工事、平成26年度には屋上防水の全面改修を行うなど対応を行ってまいりました。
しかしながら、現状では、校舎全体の老朽化が著しく、校舎壁面からの雨水の浸入が見られるなど抜本的な改修が必要であると認識しております。
また、教育環境面においても、非構造部材の耐震化をはじめ、ICT教育の充実に向けた普通教室の無線LAN整備など、時代の変化に応じた機能の充実や対応が学校施設には求められておりまして、学習・生活の場としての教育施設環境の充実、改善は必要であると考えております。
その様な中で昨年度実施しました校舎の耐力度調査、その結果によりますと建物の構造耐力、経年によります耐力低下状況から、全体的に老朽化が著しいといった状況で耐力度基準値を下回っておるということが判明をいたしました。
このような現状から、本年度、高岡中学校の今後の改築等に向けた協議を行い、高岡中学校校舎整備を計画的・効果的に推進するため、また、今後の具体的な取組に反映させるために、高岡中学校校舎整備基本構想を策定し、基本方針の取りまとめを行い、この基本構想を元★に校舎の規模や教室の配置など学校施設全体の配置、また工事中の学校運営等を多角的に考察する中で、将来にわたって最適となるような施設の基本的な配置計画案を策定してまいりたいと考えております。
現在の検討段階では、例えば校舎の配置について大きく二つに分けて考えますと、校舎をグランドの南側、現在の体育館の北側に移動させて体育館と一体的に整備する案、そして、それと現★校舎を取壊し、現在地で建て替える案、この二つを大きく想定をしているところでございます。
まず、校舎をグランドの南側に移動させる案のメリットとしましては、体育館までの動線が良くなり現在の校舎を新校舎完成まで使用でき、仮設校舎の建設が必要がないことなど。デメリットとしましては、南側に移ることでグラウンドに落ちる陰の範囲が広くなること、校舎へのアプローチや駐輪場など、一部新たに敷地の購入等が必要になることが想定もされるところでございます。
次に、現在地で建て替える案のメリットは、同じ位置での建て替えであり、校舎へのアプローチや正門位置等が、現況とほぼ変化なく計画できること、グラウンドの設備等が、今までと同じような状態で使用できること。デメリットは、新校舎完成までの間、仮設校舎を建てる必要があることから、コストが高くなることなどが想定されます。
また、いずれにおきましても、校舎建設中のグラウンド確保の問題等、検討していかなければならない課題がまだまだたくさん、多くあります。
今後は、これらのメリット・デメリットや課題の精査を行いまして、新校舎建築に向けての検討を加速化する中で、基本的な考え方や方向性がまとまり次第、議員皆様にお示しをし、御検討もいただいた上で、周辺の住民や学校関係者等との協議も行う中で、できるだけ早期に、基本設計を策定すべく取組んでまいりたいと考えておりますので、議員各位の、御協力をよろしくお願いいたします。
以上でございます。
○議長(黒木君) 村上信夫君の4問目2回目の質問を許します。
○2番議員(村上信夫君) ありがとうございました。今後の検討を進めていただくようお願いします。
今回の、質問にあたって先日、高岡中学校を見学させてもらいました。老朽化により傷んだところを自分達で補修するなどで丁寧に使われていました。建具はかなり痛んでいました。トイレの収納箱のドアが閉まらなかったり、板の壁が継ぎはぎになったりしていました。図書室の壁にクラックがありパテを当てて水漏れを防いでいるところもありました。外壁がはがれているところもありました。
また、今の中学生は大きいので、下駄箱が小さい、教室の背後の収納ケースが小さくて入りきらなくて困っている悩みも出されたのでお伝えをいたします。
これは、答弁が必要ありません。
これにて私の質問を終わります。ありがとうございました。
○議長(黒木君) 以上で、2番村上信夫君の質問を終結をいたします。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/1102-c478f311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城