プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

使いやすくなった=土佐市住宅耐震化補助制度

熊本地震で、安心の住宅や公共施設の必要性が注目され、耐震化をすすめることが求めらているところです。
土佐市の住宅耐震化への補助制度が今年度から使いやすくなるよう充実したことを伺いましたので報告します。
●耐震診断 3千円→無料 
●耐震設計 設計費の2/3(上限20.5万円)→32万4千円
     ・・・だいたい30万円程度なのでほぼ無料に
●耐震改修工事 定額92.5万円+残金の1/2(上限27.5万円)→152万5千円
      ・・・去年31件中半分以上が事業費150万円以下 
*代理受領制度を設ける・・・補助金を差し引いた事業費を事業者に払えばよい制度(事業者が住宅所有者のかわりに補助金が受け取れることによる) 
市の住宅の耐震化率59.3%。促進がはかられることが期待されます。


●ブロック塀等撤去・新設 20万円→40万円

公共施設では土佐市は耐震化ができていない庁舎と老朽化した高岡中学校校舎が問題になっているところです。
 現在 
●庁舎は、建替えに向けて仮設庁舎を、防災庁舎南側(市民病院駐車場の東側)に設置予定。仮設庁舎を当分使うようです(淡路方式?)。
●高岡中学校は保護者から雨漏りがして壁や天井はボロボロと伺うものです。現在体力度調査をして、建て替えをするかどうか見極めているところです。問題として、耐震化は一応済んでいます。非構造部分での建替えで耐震化扱いでの国の補助がうけられるかどうかです。ぜひ有利な補助を適用してほしい。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/1077-1b2de62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城