プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

総額159億円の土佐市当初予算

今回は3月議会の予算案について報告します。

 まず今年度の第4回一般会計補正予算は歳入歳出それぞれ2876万円4千円増額し、総額を164億9796万9千円とします。主なものでは、ふるさと寄付金の追加です。700万円の増加で総額2千4百万円を見込みます。セキュリティ強靭化事業4千5百万円も追加されました。マイナンバー関連の情報を持ち出さないようするものです。
 また、昨年度(26年度)の補正予算でつくかどうか未定だった地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金事業が認められたことから、当初予算にも計上していた定住人口増加促進事業、活力創出事業、高知リハビリテーション学院就学助成事業の約1千9百万円を除きます。
 さらに地方創生による自治体が総合戦略を策定したところにつく地方創生加速化事業費が新たにつきました。市は昨年末に総合戦略を策定しました。これらは仁淀ブルー観光協議会関連経費、新居地区振興対策事業、土佐市観光推進事業、仁淀川ふれあいマラソン約3千7百万に回します。これまで見込んでいた経費です。この経費がうき、4千百万円を繰入金(行政振興基金など)とします

 平成28年度当初予算は、歳入では、市税は2,537,715千円で今年当初より101,000千円増やし、地方贈与税は3,000千円減らします。地方交付税は今年当初と同じ4,200,000千円を見込みます。総額は15,915,000千円です。今年当初とは156,000千円減となります。減るのは、市債発行で28,000千円減の1,785,000千円。続いて県支出金で58,076千円減の1,637,974千円です。繰入金は28,455千円増やして1,471,366千円とします。
 人口が減などのなか市税収入増は少し疑問ですが、収入は増えても地方交付税は維持されるようです。県の支出金は今年度よりも減りますが、今年度は昨年度より376,223千円増やしていたものです。心配された津波避難対策の交付金は維持しています。主に減ったのは農業費への支出です。
 1,785,000千円の市債発行では、緊急防災・減殺事業で359,400千円、公共事業等で208,400千円がそれぞれ今年当初より減っています。繰入金では減債基金を100,000千円を昨年より増やして取り崩します。また、寄付金を33,000千円と昨年25,000千円を増やします。ふるさと納税が急増した今年度の実績をもとにしています。

 歳出は歳入と同じ15,915,448千円です。今年当初よりも減るのは、総務費で868,984千円少ない2,648,938千円。農林水業費で125,811千円少ない621,049千円です。増やすのは、教育費で439,454千円増の1,393,286千円。民生費で201,624千円多い5,949,580千円、公債費は115,232千円多い1,706,951千円です。

 以下、歳出の主なもの。
総務費では、今年度当初より868,984千円減っていますが、大きな要因は、避難道等の津波避難対策総合推進事業が今年度より1,181,504千円減っていることです。避難道等は来年度で完了させる予定で残りはそれほどありあません。今後は高台移転に力をいれます。予算では307,999千円で(今年度50,000千円)検討する調査予算をつけます。ふるさと納税は3千万円の寄付を見込み、関連経費は17,428千円の支出を見込んでいます。参議院選挙の費用は約2千万円。前は戸波や宇佐で事前の投票所があったそうですが、期日前投票所はは高岡に1か所だけしか見込んでいません。

民生費は今年当初よりも増やしていますが、多く増やしたのが選挙対策といわれる一人3万円支給の臨時福祉給付金174,000千円です。民生費では、子育て世代包括支援事業の立ち上げ、人工授精を含んだ不妊治療の充実、高岡社会福祉センター(2月から開始)でのあったかふれあいセンターの充実などが含まれています。
衛生費では、来年度より、老朽化にともなって日高の再処理施設が閉鎖することとなり、新たに、日高といの町のビン、カンを受け入れることになり必要な経費と分別処理する機械の交換にそなえて基金を創設します。

農林水産業費は、今年当初より125,811千円減って621,049千円です。昨年見込んだ競争力強化生産総合対策事業86,343千円(キュウリ捌用施設)を計上していないことがあげられます。農地費には、鎌田井筋溢水・渇水対策事業として41,231千円上げてます。天崎の余水吐近くでポンプ場を設置するための検討調査をします。鳥獣害対策の報償費をやっとですが3百60万円つけました。成獣8千円を400頭、幼獣千円400頭を見込んでいます。

商工費は今年当初より2,305千円増の140,492千円です。仁淀ブルー観光協議会関連経費6,657千円が新たに加わっています。
なお、2015年4月に「四国遍路」が日本遺産に指定され、四国4県の各県1か所の史跡指定を目指すことになり、高知県では、土佐市の塚地遍路道を史跡として申請するように測量調査等をおこない、今年1月25日付けで文部科学大臣宛に意見具申をし、国の査定を今後うけるとのこと。

土木費は95,000千円増の1,419,739千円。道路台帳整備事業10,000などが入ります。市営住宅整備に418,250千円、漁民住宅と高岡の建設工事費です。

消防費は6,609千円減の457,846千円。今回は消防団員の諸手当があがり、消防団員の一般経費が5,586千円(前年1,813千円)になります。

教育費は439,454千円増の1,393,286千円です。子どもの健康アクションプラン9,594千円、スクールソーシャルワーカー5,562(今年2,781)千円。第1小学校音楽室にエアコン設置。施設非構造部材耐震化事業で小学校161,312千円・中学校61,100円につけます。耐震化は土佐市はすんでいますか、内装・外装はボロボロのところがあるので強化するもので来年度中にやりあげる予定です。複合文化施設整備で193,468千円で、中央公民館と社協を撤去するにあたっての周辺等の調査をします。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/1068-a10ff96f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城