プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

浦ノ内へ救急車の応援出動=土佐市議員協議会

2月28日土佐市で議員協議会が開かれました。
市から報告をうけたのは以下のとおり

1)社会福祉事業団計画等について
2)その他
①須崎市浦ノ内地区への消防相互応援協定について
②都市再生整備計画および複合文化施設の進捗状況について
③新居地区観光交流施設の進捗状況について
④ドラゴンバス運行に関する応訴について

1)事業団 高齢者施設では4月から、新たに「シルバーハウスむくどり」と「老人憩の家」の指定管理者に3月議会に指定管理者化が議案として出されます。保育園では、高石、すみれ、山の手の3園が、これまでのわかば、愛聖、蓮池に加えて事業団化(9月議会で指定管理者移管承認)されます。

2)①須崎市の浦ノ内の灰方、深浦地区に、これまでよりも早く救急車が駆けつけるように、土佐市の宇佐分署から救急車の応援出動ができるようにしたものです。一方須崎市からは臨時職員1名分230万円を負担します。4月1日から実施予定。

②都市再生整備計画は、今度の複合文化施設の建設に対応するものです。国土交通省の補助制度都市再構築戦略事業をうけます。従来のまちづくり交付金補助率4割よりも多い5割の補助がうけれるとのこと。現図書館の撤去と駐車場化、また複合文化施設の地下駐車場も補助対象になりそうです。ただし、複合文化施設は、図書館、公民館、文化ホール、商工会、社会福祉協議会が入りますが、商工会と社協は対象外となります。
複合文化施設の基本設計の検討については、当初の今年の4月までだったのを9月まで検討期間をのばします。その間に検討委員会は3回(現在3回目、計6回)、各部会は6回(現在3回め計9回)開催予定。

③新居地区の観光交流施設と避難タワーは、2月29日に完成し、3月1日に市の完了検査、4月下旬にオープン、見学会と祝賀会を4月24日(日)に予定しています。
なお避難タワーは、定員50名、標高23m、普段は展望台として利用します。当所の想定津波は5~10m、到達は15分~20分。

④ドラゴンバスの委託契約に対して、公募期間が短かったと地元の交通関連会社から訴えられたとのこと。市は事実無根として争うとのこと。理由は、これまで、乗り合いバスとしての資格がなかった業者でも資格が得られるよう、従来の1カ月から3カ月に期間をのばす配慮をしたことなどをあげました。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/1065-709fba24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城