プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

広すぎる法定外公共物の水路最低幅=土佐市

土佐市の青線(法定外公共物の水路)の最低幅が広すぎる。最低幅が広ければ、境界確定のときに、市民の財産が多くとられることになるとの相談がありました。

この間に情報公開で取り寄せられた資料をいただきましたので公開します。

土佐市の法定外公共物の水路の最低幅は109cm。
平成16年まで管理していた高知県60cmで49cmも広くとっています。なお赤線(里道)の方は高知県の基準と同じ91cmでした。
周辺の市町村も調べられていて、須崎市60cm、いの町60cm、高知市66cm、旧春野町72cmでした。土佐市の水路最低幅は突出して広くとっています。

最低幅を定める条例や内部規定は土佐市にはなく、平成16年までに管理していた高知県の境界確定事務取扱要綱を準拠しているとのこと。
それならば60cmとしなかればならないはずです。
しかし市の官民境界記録簿では、昭和61年頃から109cmにしていた。109cmは現存する地検帳の水路幅を精査して算出したとのこと。
県の境界確定事務取扱要綱には、過去の実績や、慣習によっては例外にできる規定があります。適用されていたとみれますが、他の市町村とくらべてもあまりにも広くとっています。同じ県内でこれほどの例外がなぜ認められたのか確かに疑問です。

土佐市でも法定外公共財産管理事務の手引きを早急に作成するとのことです。
土佐市の地籍調査の進捗率は昨年度末で10%程度。青線をめぐっての境界確定は重要です。
疑問なく公平な指針となるようにしていかなかればなりません。

*道路法や河川法の法律の適用をうけない小規模の里道や水路を「法定外公共物」といいます。うち、水路は、前は法務局の公図で青色に着色していたので青線。また里道は赤色だったので赤線と呼びます。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/1062-8cd905a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城