プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

再開、消費税10%増税阻止

今日は、消費税をなくす会で街頭宣伝をしました。

2月に土佐市の会を結成して、ほぼ毎月1日宣伝行動を、5月ぐらいまでしていたのですが、戦争法が忙しくなって、しばらく休止でした。

先月、県の消費税をなくす会の総会があって、土佐市からも2名が参加し、参加者による報告会を開き、再開に至ったものです。

高岡の商店街を中心に街頭宣伝をしました。反応は上々でした。

訴えの原稿を載せておきます。


消費税10%増税中止を求める訴え
こちらは消費税をなくす土佐市の会です。
政府は、昨年4月に8%に引き上げられた消費税を、再来年2017年4月に消費税をなにがなんでも10%に引き上げようとしています。これ以上の消費税増税なんとしてもくいとめましょう

消費税は不公平な税制です。低所得者ほど負担がおもくなります小規模な経営ほど消費税が価格に転嫁できなくなっています。こんな不公平な税金が、アベノミクスが一向に回ってこないなかで、負担ばかりがかさむ年金ぐらしの方に、疲弊していく地方経済の中で営業をされている方に、重くのしかかって来ています。増税をくいとめましょう。

景気・経済を悪化させます。消費税を8%に上げた昨年度のGDPは、-0.9。下がりました。今年度も4月から6月、7月から9月の経済指標は連続して下がっています。5%に消費税をあげた時では、あの長期不況を招きました。もはや消費税増税は景気悪化させる暮らし破壊税であることは明白です。さらなる増税はとんでないことです。
一方で大企業は、空前の利益を更新しています。大企業は、いくら儲けても内部留保をためこむばかりで、賃金には回さないからです。アベノミクスの破たんは明らかです。消費税をあげる。社会保障は削るで庶民からしぼりとり、一方で大企業には減税、TPP推進で自由化をはかるなどで優遇する。このような大企業が潤えばすべてよしにはもう未来がありません。一人ひとりの懐をあたためる経済対策に転換させましょう。

財政再建や社会保障の充実に必要だといいますが、実際は逆です。借金を増やし。今年度から介護保険料はひきあがりました。医療や介護のサービスも低下しています。一方で、法人税を減らしつづけ、軍事費を増やしているからです。消費税は大企業減税の穴埋めです。これまで、私たちからとってきた消費税の累計は282兆円。一方で法人税3税の減税額は255兆円です。安倍首相は法人実効税率は、20%台にしようと、今年度に続いて来年度以降も下げ続けようとしています、軍事費も安倍さんが首相になってから毎年増え続け、今年度は過去最高のほぼ5兆円まで膨らませています。

消費税に頼らない道へと転換させましょう。
まず負担能力に応じた税金の取り方を強化します。日本の税金は所得が1億円を超えたら税の負担率が下がります。法人税の実質負担率は大企業が14%に対して中小企業は25%と多くなっています。これを負担能力に応じたものにあらためさせます。
同時に所得を増やす対策をはかります。貧困を広げた原因、非正規雇用の広がりにメスを入れ、正規雇用中心の雇用体系に転換させます。安心の社会保障を充実させます。地方では農業・漁業の再生をはかります。

これこそ憲法を守るまっとうな対応ではないでしょうか。憲法の生存権と幸福追求権を守る立場にたった道です。今戦争法を廃止して立憲主義を取り戻そうの動きが広がっていますが、消費税についても、力をあわせ、憲法を守らせる立場で、増税をやめさせ、消費税に頼らない道を歩ませてまいりましょう。

スポンサーサイト



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://goalkokkai.blog108.fc2.com/tb.php/1046-a9ef44c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



テンプレ作ったやつ→
姫月結城