プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。ペンネームは粟田昇
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

08/14のツイートまとめ

murakami1964

本日は平尾台に。キキョウ、ナデシコなどここでは秋の七草がそろって見えました。
08-14 19:53

昨日は阿蘇久住方面に。草千里、池山水源巡りました。
08-14 15:21


スポンサーサイト


08/07のツイートまとめ

murakami1964

台風5号はどうか地域回り。ピークは過ぎてるのに水が道路に出てる用水ありました。早く対応してもらわねば。
08-07 13:57

今回の土佐市の避難所への避難者は最大21人とのこと。近くの高岡市民館(3人)と第一小学校体育館(5人)は訪問しました。市民館、体育館とも枕がありませんでした。体育館では敷き布団もなく要請してマットを出してもらったそうです。... https://t.co/irywJD670s
08-07 13:12




07/15のツイートまとめ

murakami1964

今日の「しんぶん赤旗」見出し中国の劉暁波氏死去非暴力の活動家に異常な弾圧言論には言論で対応すべきだ*劉氏の弾圧について「国際社会の理解と信頼を高める対応をとることを強く望む」と述べた志位和夫委員長の2010年赤旗まつりの演説抜粋も掲載。
07-15 09:43




07/10のツイートまとめ

murakami1964

加計学園。問題は、「総理の意向」として、話を押し進めていることだ。これが判断の基準になってしまうことだ。前川氏の証言、内部文章で明らかしていることは重大。真剣な妥当性の議論が尊重されなかれば。
07-10 20:46




保育所等のアレルギー対応=エピペンの使用は?

学校等でのアレルギー対応についてです。6月議会での一般質問の3問目に行いました。

保育園児の保護者の方から、給食でのアレルギー対応について不満の声を伺ったことから、アレルギーのある方への給食での対応、またアナフィラキシーショック時でのエピペン(アドレナリン自己注射)の対応などの質問をしました。

実際には、土佐市は4年前に、アレルギー原因となる食材を除いていない給食をアレルギーのある児童等に誤って配食される事件もあり、対応は慎重な配慮する体制のもとに進められているいるようでした。
特に小中学校においては、毎日、誤膳がないように何度も確認をして、教育委員会にその日報が届けられていて、徹底した管理がされていると思ったところです。

今回の質問で特に問題だと思ったのは、保育所の給食マニュアルにエピペンの対応がないことです。アナフィラキシーショックが起こった場合は、迅速に職員等がエピペン注射をすることが求められます。エピペンは原則自己注射ですが、幼児であれば職員の対応がさらに大事になります。

先日、〝ヒアリ〟を扱ったNHKの番組で、アメリカにもヒアリが居つき、ヒアリに刺され、アレルギーショックで亡くなる人が多くでている報道がありました。
そのなかで妻が刺され、夫が気づいてエピペン注射をしたが、気づくのが遅くて亡くなるシーンがありました。エピペン注射をうつタイミングを逸してしまったのです。

当初、教育長は、「書類のみ」の対応として、マニュアルの充実を否定しましたが、「マニュアルへのエピペン対応」は検討したいと答えました。

「書類のみ」の対応といいますが、この間、学校でのマニュアルでは、「エピペンの必要になったらすぐに使用できるように、日 頃から使い方の確認をしておく」が盛り込まれるなど充実がされています。

なお研修については、アナフィラキシーショックが起こった場合の基礎的な対応は、保育所でも、全職員対象に年に1回研修を救急救命士講習で行っています。さらに、土佐市民病院小児アレルギー専門看護師を招いての保育園内研修も実施するとのこと。

写真は、「土佐市保育所食物アレルギー対応給食マニュアル」での4.アレルギー症状発生時の対応について

保育写真

以下は質問戦の詳細です。
[続きを読む]



| BLOG TOP | Next>>




テンプレ作ったやつ→
姫月結城