プロフィール

マラソン日記

Author:マラソン日記
日本共産党土佐市議。妻(三ヶ尻亮子)との二人暮し。1964年1月2日徳島県阿波市阿波町生れ。徳島大学工学部卒。旧運輸省第三港湾空港建設局を98年にやめ、日本共産党の専従に。14年4月20日から土佐市市会議員に
「文海の会」会員。
事務所兼自宅は土佐市高岡町甲1955メゾンあゆみB201
メールmurakaminobuodesu@gmail.com 


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

次々減るショウガ畑への対応を

9月議会での私の一般質問を紹介します。
①ショウガ畑②国保税③複合文化施設④高岡中学校の建替えの4題で質問しました。
①のショウガ畑について説明します。

市内のショウガ畑では、2年前の8月豪雨、昨年10月の市西部中心に被害のあった集中豪雨によって、病気が広がりつくれない畑が広がっています。

土佐市のショウガの作付面積は
2011年55ha 12年54ha 13年54ha 14年54ha 15年50ha 
と15年は4ha減になり、大きく落ち込みました。今年度はさらに減っていると思われます。

需要が減ったわけではありません。市内のショウガ農家では、高知市春野町や四万十町窪川で畑を借りてつくったりしています。

ショウガ畑が減ってきた原因は、これまでの土壌消毒剤として効果の高かった臭化メチルが使えなくなった(温暖化への負荷が高いことから)ところへ、2年続きの豪雨によって、病気が広がったこと。病原菌の残った種イモの使用が挙げられました。

病気のなかで多いのは、根茎腐敗病、最も脅威なのは、効く薬がない青枯れ病です。
青枯れ病は毛細な根の先にまで病原菌が行き届くので、土壌深くまで菌が残ることになり、少々の消毒では効果がありません。反永久的にショウガがつくれなくなってしまいます。

病気になったショウガは、拡散しないよう病気で変色したショウガの茎や根を焼くために焼却が求められます。高知市春野だったら焼却場が大規模なので、いくらショウガをもってきても大丈夫なようですが、土佐市の焼却場では、大量にもってこられると、温度が下がるので問題があるようでした。

今回は、排水対策を中心に質問をしたものです。この間の集中豪雨によるショウガ畑への越水によって、病気がそのたびに広がり、ショウガがつくれない畑が広がっている地域がありました。地元の方が、あふれる原因となっている用水や河川の狭隘なところを改善を求めても、人家ではない畑なのでということでなかなか改善してもらえない状況がありましたので、従来よりも、配慮するように求めたものです。

ある集落では、田畑はほとんどがショウガ畑になっているところがあります。前は、全部お米だったといいます。お米の値段が下がったのでショウガにかえたのです。今お米に戻したら、大規模につくらないと採算が取れないので、集落では数人しかまかななくなります。単価の高いショウガだからこそ、一定の農家の経営が維持できます。しかし、ショウガはお米と違って水に浸かると病気になります。集落対策としても重要です。
中川内ショウガ畑1
河川からの越水によって病気になりショウガがつくれなくなった畑。越水防止の囲いを設置
使えない畑
上段の畑からの越水によってショウガがつくれなくなった畑(原因は河川から?)
水路1
越水をおこす用水の箇所(道路を潜るための水路管が狭い)
水路越水
河川の越水箇所(河川の屈折部。容量が小さい。垂直だった護岸を、勾配のある護岸にした問題も指摘されている?。)

[続きを読む]
スポンサーサイト


土佐市=県内2番目に高い国保税に

土佐市の9月議会が昨日20日に閉会しました。台風の影響で午後1時からの開会となりました。
最大の争点は国保税の引き上げでした。

一人当たり8103円、一世帯当たり14325円の増税です。県内で2番目に高い国保税になります。

今議会は決算が報告され、実質公債費率が9.0% 将来負担比率が20.1% 
との健全な財政指数が示されたところです。

今回の増税は、1世帯当たり1万4千325円です。しかし全国では1世帯当たり平均で1万9千円程度の法定外繰り入れをしています。県内は少なめですけれど、同程度以上の法定外繰り入れを実施しているところもあります。土佐市でも法定外繰り入れによって増税をくいとめることが、できないことはありません。

負担が重い国保税の引き上げに反対しました。

------以下反対討論



[続きを読む]

08/28のツイートまとめ

murakami1964

土佐市の防災訓練に参加しました。
08-28 20:08




出産後退所を撤回=柔軟な対応で

 2人目の出産によって、既に保育所に通っている上の子の退所が求められていましたが、市の担当者の柔軟な対応によって、撤回になった先月の事例を紹介します。

 申込者は、1人目を2年前に出産して保育園に預けていました。そして今年の4月末に2人目を出産しました。市の規定に従って、出産後8週間(+1日)後の月末に退所が迫られていました。

市の保育支給認定については、案内パンフでいくつかの規定が設けられています。
その中には、「育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要である」の項がありあますが、ここでの育児休業は厚労省が定める正式な制度に限定されるとのことです。しかし申請者は、小規模な事業所で働いていて、半年は子どもの育児のために休暇をとる予定でした。事業所の方も「いつでも来てほしい」と再雇用は約束されています。しかし1年未満の臨時雇用なので適用になりません。

「求職活動」もすすめられました。短時間保育になりますが、求職活動をしていれば90日間の延長が認められることになっています。乳幼児の育児中なので月に数回の活動で構わないとのことでしたが、市の乳幼児の受け入れは、産後6カ月以上です。6か月間は子どもの世話をしなかればならないので求職活動は事実上できない矛盾が明らかになりました。

また須崎市や佐川町では、出産後退所はないという状況も示しました。

そこで「その他」の事由を勘案して「市長が認める場合」に認める規定を適用することになったものです。



渇水が心配=福田地域

暑い日が続いて渇水が心配になってきました。
21日に訪問した土佐市福田の状況を報告します。

稲刈りが終わり、稲棚をつくっているところがありました。
聞けば、雨が降らなかったせいで水が少なかったため実入りが少ないそうです。

水源の水量が、以前よりかなり少なくなったとのことでしたのでみせてもらいました。
水田より200mぐらい回っての谷川を水源にしていました。
みればチョロチョロとしか流れていませんでした。これでは、あの長い棚田に水は十分にいきわたらないと思いました。
周りは、スギ、ヒノキの人工林。保水力を減らしたことも原因です。
以前は、ごうごうと遠くから流れる音がして、広範囲な幅で流れ落ちていたそうです。
農業用だけでなく家庭用としても数件利用しています。農業用は稲刈りが済んだので今はつかっていません。

Nさんは、井戸による自家用水も使っているようですがあまりでなくなり、洗濯には一晩溜めてから使うようです。
水源を利用しているKさんは、道路をホースが渡ったりしているなかで、水があたたまり、熱水のようになるそうです。
またKさんは、「今年は熱い、前はひと夏に2~3回エアコンをつけたぐらい。今年は1日中必要だ」といいました。
福田水田福田水源2
水源の途中の竹林。前は畑でした。
福田竹林






| BLOG TOP | Next>>




テンプレ作ったやつ→
姫月結城